迷惑な犬のふん取り器ワンキャッチャーで始末・対策できる!

毎日の犬の散歩、大変ですね。ワンちゃんはおしっこもふんも散歩中にしちゃうので、後始末が大変。

ほったらかしにしてしまうと周りにとても迷惑ですよね。でも、ふんの対策は道具がいるので大変です。お察しします。

そんな折、犬のふんを取る画期的なふん取り器が登場したそうなので、ご紹介します。

スポンサードリンク

犬のふん取り器 ワンキャッチャー

川越市小仙波町のペット商品製造販売業「ディアードッグ」が製造・販売されており、高齢化社会へ向けてふん取り時の姿勢や処理が楽になることから、すでに2000本以上を販売されています。

 6dfg48d4sh1s68415出典:http://www.saitama-np.co.jp/

ワンキャッチャーの使い方は?

使い方は簡単。長さが55㎝ある柄の先に網がついており、ちょうど虫取り網のような恰好です。

この網を犬がまさに催したところをキャッチするというもの。手も全く汚れないし、そのままゴミへ出せるというわけです。

地面にふんが落ちようものなら腰をかがめて手袋はめて掴み取るまたはスコップのようなもので拾い取るなどの手間は一切いらないし、路面も汚れない。まさに一石二鳥ですね。

ワンキャッチャーの考案理由は?

川越市小仙波町のペット商品製造販売業「ディアードッグ」の佐藤博さんという方。

考案理由は、犬がふんをしたのに飼い主は、見て見ぬふりをしながらそのまま放置するマナーを改善してほしいという願いと道に落としたふんを拾う行為が結構面倒であるので、なんとか楽にできる方法をということで考えられたという。

本来は自分のために試作品を作ったが、周りから勧められ販売することにしたそうである。

まとめ

ワンキャッチャーで、きれいな街づくりの一助となるのか?人気は出そうな商品です。

ペット大国日本だからこそこういったマナーを向上させる商品がどんどん世の中に出て行ってほしいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語