満島ひかりさんのぴょん吉の声はアニメ版にそっくりでかわいい!

現在放送中の日本テレビドラマ「ど根性ガエル」で満島ひかりさんがピョン吉の声を演じています。

その声がアニメ版のぴょん吉の声がそっくりでうまい、しかもかわいいと大反響になっています。

スポンサードリンク

満島ひかりさんのプロフィール

満島ひかり(みつしま ひかり)さんは1985(昭和60)年11月30日生まれの30歳で女優、タレントで声優です。

現在は映画監督の石井裕也さんと結婚されており、石井 ひかり(いしい ひかり)さんになっています。

出身は沖縄県沖縄市。弟は俳優の満島真之介さん、妹はモデルの満島みなみさんです。

フランス系アメリカ人の祖父をもつクォーターになります。

ちなみにスリーサイズはB75 W60.5 H89、足のサイズは25㎝

満島ひかりさんの経歴

沖縄アクターズスクール主催の「安室奈美恵 with SUPER MONKEY’Sオーディション」にこっそり応募して優勝してしまったようです。

親を説得して何とか入校し7人組ユニット「Folder」に「HIKARI」名義で参加し、1997年にシングル「パラシューター」でデビューしました。10万枚以上のヒットとなりました。

同時期に映画『モスラ2 海底の大決戦』にも子役で出演しています。

また、2000年に5人になったユニットで「Folder5」として、3rdシングル「Believe」がアニメ「ONE PIECE」のオープニングテーマに起用されています。

2003年9月の八雲学園高等学校在学中に「満島ひかり」として番組アシスタントデビューしています。

『ウルトラマンマックス』で抜擢され、注目されつつあったが、2009年1月園子温監督の映画『愛のむきだし』で ヨーコ(尾沢洋子)役を演じ、一躍脚光を浴びる存在となった。この映画で数多くの映画新人賞を受賞しています。

その後は、映画『プライド』、『カケラ』、『悪人』、ドラマ『モテキ』などの話題作に出演されています。

2010年には『川の底からこんにちは』で主演を務め、その時の石井裕也監督と結婚されています。

最近では、2015年5月に原田眞人監督の映画「駆込み女と駆出し男」お吟役で出演されています。

そして、2015年7月には、夏ドラマの「ど根性ガエル」ピョン吉の声の役で出演されています。

ピョン吉の声に満島ひかりさんを起用した理由は?

プロデューサーの河野英裕さんによるとぴょん吉はオスなので、男性にお願いすべきかと思われたそうですが、ぴょん吉のキャラクターからして気性の意激しい面を持ちながらやさしさ、かわいらしさもあるので、女性に決定したそうですね。しかも満島ひかりの声が好きだったということと、少しかすれたような声とシャウトが気持ちよく届く声という理由らしいです。

逆に満島ひかりさんからすると「なんで、私なの?」と思われたそうですが・・・

実際ぴょん吉の声に合わせてみると初期のアニメの時にそっくりですね。違和感が全くないです。

まとめ

満島ひかりさんのぴょん吉でさらにどら「ど根性ガエル」注目を浴びています。ドラマでは、今後のぴょん吉がどうなっていくのかとても楽しみですね。

【関連記事】

ど根性ガエルのぴょん吉キッズ用Tシャツ販売店はどこ?

実写ドラマど根性ガエルでぴょん吉のCGがいい!第一話ネタバレ

ど根性ガエルの原作者の吉沢やすみさんの妻が献身的

満島ひかりさんのぴょん吉はアニメ版にそっくりでうまい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語