女性保険の人気レディースEVERHALFは女性特有の病気を保障!

保険の保障内容を把握している契約者の方は、多くないでしょう。

中でも女性独特の病気についての保障内容は付いているのかどうかもわからない、という話をよく聞きます。
『女性用特約』というのは一般の医療保障にこれとこれをつけて、というように個別につけることが可能な保障です。

もちろん現在ご加入の保険によって、内容も女性特約を付ける条件も異なります。

一度ご加入されている保険会社へ問い合わせしてみましょう。

新しく保険に加入することなく、何かあったときのために役立つ病気保障がつけられるかもしれません。


女性が入っている保険というのは、結婚してから特に役立つものです。

例えば、小さいお子さんがいらっしゃる場合を考えます。

自分がやむなく手術となり、入院した際の入院費や子供のベビーシッターの費用など、出て行くお金は山盛りです。

しかも、子供がお見舞いに来ることを考慮すると個室の方が好ましい。そうなると出費は2倍、3倍です。

特約内容によっては、入院、手術の出費が減らせるものもあるのです。
女性独特の病気になってしまったときのために、家庭に負担にならない程度でよいのです。

もしもの時に負担を減らせるように少し保険の内容を見直してみましょう。

スポンサードリンク

女性保険で人気の『レディースEVERHALF』

女性保険として高い人気を誇っているものとして、アフラックの商品が挙げられます。

働く女性から家計のやりくりに悩む主婦の方まで、その保障内容は安心です。

気軽な契約が可能であることが『レディースEVERHALF』の人気の理由でしょう。

アフラックの『レディースEVERHALF』は、最も選ばれている女性保険商品です。

一般的な保障に加え、「女性特有の病気」に対する備えも充実させることができます。

満55歳になるまで加入可能で、満60歳になると保険料が半減することも魅力です。

支払う保険料が少なくなっても、保障される内容が制限されるということはありません。

女性保険としての内容だけでなく、病院利用や介護に関する特約を加えることもできます。

そして、保障や金額を考慮して3種類のプランから適したものに決めることができます。

アフラックの女性保険に関して、30歳の女性を例として保険料を比較してみましょう。

『入院給付金日額5,000円コース』ですと2,630円となります。

『10,000円コース』が4,570円、介護保障もつくと4,810円となります。

女性保険を紹介する詳細な資料は、アフラック公式サイトから請求することができます。

わからないことがある場合には、相談に乗ってもらうこともできます。

本格的に検討するにあたっては、専門家のアドバイスも参考にすると良いでしょう。

女性保険で女性特有の病気を保障

「女性保険」に対する注目は、近年強まる一方となっています。

大きな理由は、やはり女性に特有の病気が保障されるようになってきたことでしょう。

年々女性の発育に関する変化が顕著になっていることも背景にはあります。

女性保険が確立された経緯には、身体の発育が早まったことが関係しています。

初潮も早まり、身体が女性として機能し始める時期が前倒しされているのです。

少子化が進んでいることでもわかりますが、女性が出産する回数も減少しています。

女性の病気として大きなウエイトを占めるものとして、「乳がん」があります。

子供を産んでいない女性に発症の危険が高く、数十年前と比較すると患者数も数倍です。

注意すべき病気であるということで、やはり女性保険でカバーしておきたいところです。

また、女性保険によって保障しておきたい病気として、「子宮筋腫」があります。

筋肉の瘤のようなかたまりが子宮の内側にできて出血や痛みを伴うのです。

表面化していないながら子宮筋腫を抱える「予備軍」も少なくないといわれています。

もうひとつ、「子宮内膜症」も充分に注意しなければならない病気です。

成人女性については、10%が発症しているというデータもあります。

乳がんや子宮筋腫と並んで女性保険、女性特約によってケアされる代表的な病気です。

【関連記事】

女性保険は注目の保険です!人気を高めているのは?選ぶ方法など

女性保険の人気レディースEVERHALFは女性特有の病気を保障!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語