女性の保険相談窓口と保険に入るタイミングとは?

保険のコーナーというのは入り難いものです。特に女性は小さい子供が一緒の時、騒いでしまってゆっくり話しを聞くことができないなど、躊躇してしまうでしょう。今の時代はインターネットでも保険相談や見直しを受け付けてくれますが、実際の相談は『お宅にお伺いして』ということになります。ちょっと知らない人を家に入れるのはと思うのも当り前のことでしょう。

そんな中、キッズスペースが造られている店舗があります。『みんなの保険プラザ』という店舗です。キッズスペースで遊んでいてくれるから、という女性は多いでしょう。相談窓口というと子供づれの女性が多いものです。家計を預かっていることもありますし、子供の成長に合わせて保険を変えていくこともあるからです。

この相談窓口は、最近多く聞かれる乳がんの早期発見を促進する活動である『ピンクリボン活動』も行っています。ピンクリボン活動を通じて、社会活動にも積極的に参加しています。

女性独特の病気である乳がんのみならず、これから女性にとって入っておかなければならない保険にも詳しいのではないか、という思いで相談に来られる方もいるでしょう。気楽な気持ちで入ってみたら、親身になって相談を聞いてくれた、そんな相談窓口を利用しましょう。

スポンサードリンク

女性が保険を考えるタイミング

就職すると、その事務所に保険会社のおばさんがやってきて、新人さんに加入の誘いの嵐というのは定番のことです。ご両親が掛けている保険を除いて、このときが初めて保険というものを考えるときでしょう。その後は、担当のおばさんに勧められるがままに変えていくのが一般的です。

女性が次に考えるのは、結婚の時です。自分で払っていたので、ほどほど高額のものだったでしょう。専業主婦になってしまったら、そんなに払うことができないという人がほとんどでしょう。無駄にお金は使えない、見直してみようということになります。

そして女性が保険を考えるもうひとつのタイミングは子供ができた、あるいは生まれた時です。自分の掛けているものは、もちろん見直します。もしも、女性特有の病気で長期入院しなければならなくなったら、この子の面倒を見てもらうのにもお金はかかります。入院費もかかってしまいます。いろいろな考えが浮かぶのです。旦那様が入院なさるよりもお金はかかりそうです。自分のだけではありません。子供保険も掛けておいたほうがいいのではないか、ということになります。

女性は自分のことは、後回しにしがちです。将来を見据えて、女性こそが保険を見直しておくようにしましょう。

女性が自動車保険を選ぶポイント

ドライブに出かけたときに起きる自動車のトラブルは、突然にやってくるものです。女性だけでのドライブや一人の時は焦ってしまいます。車に詳しい女性は別として、パンクをしてスペアタイヤに交換することもできない女性ドライバーは多いでしょう。そんなときに頼りになるのがJAFとロードサービスつきの自動車保険です。最近はこのサービスが付いている保険も多く、充実しているようです。女性にとって電話をすれば駆けつけてくれるというのは、安心感があります。

自動車保険といえば、割引サービスの宣伝が増えています。ゴールド免許割引、家族限定割引、年齢制限での割引など組み合わせによってもっとお安くとか、インターネットで申込むと更に割引など各社様々です。女性が自動車保険を選ぶ際に優先するポイントといえるかもしれません。決して安い金額ではないので、これらのサービスは活用する価値があります。

しかし、自動車保険の本来の目的は、自動車に対する損害を補填するものです。事故を起こしてしまったときの相手への補償、車の修理代などの出費を助けてくれるものなのです。

女性は『割引』や『安い』に弱いところがあります。各社とも補償内容に大きな違いはありません。補償内容をよく見比べ、自分にあったものを探していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語