スポーツ マラソン

増田明美さんのマラソン解説が面白い!プロフィールや大学、性格など

投稿日:



スポンサードリンク

2015年の世界陸上が北京で開催されます。期間は、8月22日~30日です。

初日の朝7時から男子マラソンで開幕するのですが、マラソンの解説が面白いと有名な増田明美さんが陸上界での裏話を引っ提げて「マツコの知らない世界」に出演するということで、プロフィールや大学、性格などを調べてみました。

 

増田明美さんプロフィール

増田明美(ますだあけみ)さんは、千葉県いすみ市というところで1964(昭和39)年1月1日生まれ、あ、元旦に生まれてるおめでたい方なんですね。年齢は51歳です。

現役時の身長は、150cmで、体重は39kgだったそうです。

代名詞は、堂々の1984年ロサンゼルスオリンピック女子マラソン日本代表です。

 

専業農家のご家庭で生まれて小学校時代は、自宅から2.5kmの距離を学校まで歩いて通学していたそうです。

ときどき忘れ物があって走って帰っていたというので、そのころから心肺機能や足腰が鍛えられていたんですね。

でも、そのころは足が速くなかったので、運動会などは嫌いだったとか。

中学のときには、軟式テニス部に入っていたそうです。マラソンへのきっかけは町内での駅伝大会があり、中学生チームのメンバーでかき集められて出場したそうで、そのときには自慢の足腰を発揮して優勝したそうです。

その後、陸上部へ掛け持ちし、千葉県大会の800mに千葉県記録で優勝、全国大会でも4位となっています。
増田明美さんは、教員になるつもりだったようですが、その走りを気に入った成田高校の陸上部監督の瀧田詔生さんがスカウトし、成田高校へ進学されました。

しかしながら高校1年の時に貧血にかかり、監督からマネージャーへ転向するよう言われましたが、本人は納得せず、猛練習をした結果、高校3年生の時の記録会で、10000m、5000mで日本新記録を出しました。

またアジア陸上10000mなど次々と日本記録を塗り替えていきました。

1982年元日に18歳となりマラソン参加資格を獲得してからは、女子マラソンの種目がオリンピック初の正式プログラムとなり、1984年のロサンゼルス五輪への出場を果たしています。

 

増田明美さんの大学は?

1985年に法政大学経済学部の通信課程に入学しており、その時には教員をめざしておられたそうです。でも、やっぱり走りが忘れられないということで、翌年退学されています。

 

その後、オレゴン大学への陸上留学を果たしています。

 

また、中村清監督(瀬古利彦の師)が増田明美さんに興味があり、早稲田大学に入学スルチャンスもあったということです。当時は大学よりも企業のマラソン指導のほうが優れていたという理由から実現されませんでした。

 

増田明美さんの主な経歴

1984年8月5日 ロサンゼルス五輪女子マラソン 途中棄権(16Km付近)
1988年1月31日 大阪国際女子マラソン 2時間51分53秒 30位
1989年8月27日 北海道マラソン 2時間48分44秒 3位
1989年11月19日 東京国際女子マラソン2時間37分34秒 8位(日本人最上位)
1990年4月22日 ロンドンマラソン 2時間34分42秒 19位
1990年8月26日 北海道マラソン 2時間48分47秒 9位
1992年1月26日 大阪国際女子マラソン途中棄権(16.8Km地点・ラストラン)

 

五輪での棄権は序盤に先頭に立つもののほどなくして後退していき、自分の実力のなさに走り続けることが耐えられず16km付近で棄権しています。

 

また自身の貧血との病と常に戦いながら走り続けていたが、無理なトレーニングでの減量もあり1992年1月の大阪国際女子マラソンで疲労骨折により途中棄権、引退しています。

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

増田明美さんの引退後

 

マラソン引退後は指導者コーチへのオファーが全くなかったとのことからテレビ解説者の仕事を選んでいます。

 

多くの解説者が選手のレース中継では、走りと体調のことしか話題にされず、競技者という視点だけで解説されていましたが、増田さんは、趣味や家族関係など選手のプライベートな話題にも多く触れることによって解説者としての人気を得ています。

 

「マツコの知らない世界」(8月18日 21時00分~21時54分)では、そんな解説者としての増田明美さんの裏情報が、しかもマル秘情報が惜しげもなく明らかにされるようでこれを見ればマラソンを100倍楽しく見られる事間違いなしだそうですよ。

-スポーツ, マラソン

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。