人食いバクテリアの2015年日本での感染原因やルート、初期症状など

2015年、日本での人食いバクテリアの感染が激増しています。

人食いバクテリアとは、「A群溶血性レンサ球菌」の感染で発症します。

2015年の感染者数が過去最多になっています。

例えば手足に傷がつくとそこから菌が感染し、発症すると手足が壊死してしまうという。

初期症状のうちに対応しないと手足の切断や、全身の臓器の不全に至り、致死率が30%以上になるといいます。

また、口やのどからの感染もあり、風邪などの症状と同じなので、対策が遅れてしまう恐れがあるといいます。

調査結果によると過去1999年以降、今年8月までの感染者数が過去最多の279人を超えているとのことです。

感染経路は飛沫感染であり、家族内や学校および幼稚園・保育所、会社など、集団生活を行うヒトの間で広く保菌されています。

スポンサードリンク

人食いバクテリアの初期症状とは?

初期症状としては、手足などの傷口から感染した場合は、手足の腫れなどの症状が見られます。

そして、急激なスピードで手足が壊死するなどの症状がみられるようです。

また、口やのどに感染した場合は、激しい喉の痛みなどが出ます。

のどからの感染の場合は、血圧の低下や多臓器不全からショック状態に陥ります。

そして、発病後数十時間で死に至ることもあるようです。

しかしながら、レンサ球菌にたとえ感染したとしても症状が出ないことが多いようです。

ほとんどは咽頭炎や皮膚の感染症にとどまります。症状が劇症化するのは、その時に手当をしっかりしていないことが原因のようです。

国立感染症研究所の池辺忠義主任研究官は「なぜ劇症化するのか詳しく分かっておらず、けがをした場合には、きちんと消毒して病原菌が入らないようにしてほしい」とのことです。

出典:http://www3.nhk.or.jp/

人食いバクテリアの予防方法

夏では、海やプールなどで、感染が多く、体に傷がある場合は、海やプールなどに入らないほうが良いといいます。

そして、けがをした場合は、しっかり衝動を中心に手当をしっかりと行うことです。また、傷口が大きいのであれば、病院で手当をしてもらう必要があります。

治療について

治療については、まずペニシリン系抗菌薬の投与です。通常は内服治療が可能ですが、内服が困難な場合は、抗菌薬の筋注または静注を行うことができます。

けがをしたときは、すぐに消毒を行い、傷口が菌に触れないようにします。また、のどの痛みで発熱がある場合、うがいなどで消毒を行うなどの初期治療を行うことです。

また、いずれの場合でも、すぐに主治医で治療していただくのが賢明です。

まとめ

新しいタイプの感染症が流行している場合は、変に慌てず恐れず、確かな情報を調べて冷静に対応していくことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語