上地結衣選手は二分脊椎障害を克服しテニス世界ランキング1位に!

今、テニスブームがすごいことになっています!

錦織圭選手の活躍が世界の注目を一手に集め、ブームを引っ張っているのはもちろんですが、もうひとり世界から注目されているテニスプレーヤーがいます。

それは、車いすテニスプレイヤー女子の上地結衣選手です。強い、圧倒的に強いんです。

今回は、世界ランキングも1位となった上地結衣選手について調べてみました。

スポンサードリンク

上地結衣選手のプロフィール

上地結衣(かみじ ゆい)選手は、1994(平成6)年4月24日生まれの21歳です。

出身は、兵庫県明石市で、明石市立明石商業高等学校卒業されています。

障害名は、先天性の潜在性二分脊椎症で、小さいころは、装具をつけて歩くことはできていたそうです。

小学校4年の頃は、車いすでのバスケットボールを始めていました。

その時の同級生の紹介で、11歳のころから車いすテニスを開始しました。

そして、2008年14歳の時には、日本ランキング1位になっています。しかも史上最年少での達成です。

同じ年に全日本選抜車いすテニス選手権大会で初優勝。現在6連覇中。

また、ピースカップでもシングルスで初優勝しており、2011年からは3連覇中です。

出典:https://ja.wikipedia.org/

そして世界への経歴

2012年、高校3年でロンドンパラリンピックに日本代表として参加し、シングルス・ダブルスともにベスト8に入り、入賞されています。

2013年、マスターズシングルスで、オランダ人選手以外では初となる優勝。男子シングルスの国枝慎吾と史上初の日本人男女優勝です。

2014年、全豪オープンダブルスでグランドスラム初優勝しています。

全仏オープンではシングルス・ダブルス優勝。

ウィンブルドン(ダブルスのみ開催)でダブルス優勝することで、グランドスラム3大会連続優勝を果たしています。

全米オープン(ニューヨーク)でもシングルス・ダブルスで優勝し、ダブルスで年間グランドスラム達成です。

2015年、全豪オープンダブルスで2連覇です。

出典:https://ja.wikipedia.org/

上地結衣のこれからとまとめ

上地結衣選手は、20歳にして世界のトップになったことにより、とてもプレッシャーを感じている時期があったといいます。

そしてそのプレッシャーを強さに変え、2016年開催されるリオデジャネイロパラリンピックでメダル獲得にチャレンジすべく、さらなる技術の向上に励んでします。

あたらしくプレーの形を変えることに挑戦しているという上地結衣選手について、2015年08月30日放送の「情熱大陸」で公開されるということです。

2015年7月のウィンブルドン選手権やブリティッシュオープンでの戦いの裏話など披露されますので、上地結衣選手をもっと知って応援したいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語