芸能 高良健吾

高良健吾さんの高校時代や彼女の情報・ピアスの謎について

投稿日:



スポンサードリンク

高良健吾さんは、2015年の大河ドラマ「花燃ゆ」で高杉晋作を演じています。

 

また、主演している『きみはいい子』も絶好調なのですが、高良健吾さんが長年あこがれている場所がありました。

 

それが、アイスランドだそうです。氷河や火山など雄大な自然で知られるアイスランドになぜ憧れていたのか。今回は高良健吾さんについて調べてみました。

 

高良健吾さんのプロフィール

 

高良健吾(こうら けんご)さんは、1987(昭和62)年11月12日生まれの28歳です。

出身は、熊本県熊本市です。身長は、176 cmで血液型はO型です。事務所は、テンカラットに所属されています。

出身地である熊本市の「わくわく親善大使」を務めています。

趣味は、スカイダイビングで、これまでに何度も挑戦したことがあるそうです。

 

高良健吾さんの経歴

 

高良健吾さんの父親は旅行会社に勤めていたため、転勤が多かったそうです。

この影響で、九州各地を転々と引越す環境でした。そのため学校も転校が多かったため父親に反抗したり、引きこもったこともあるそうです。

 

中学校の時には、サッカーをやっていて、ポジションはゴールキーパーでしたが、指の骨を骨折したり脱臼した経験があるそうです。

 

高校は、熊本県の私立九州学院高等学校です。この時に、熊本のタウン情報誌『クマモト』にスカウトされ、素人スタッフ兼モデルとして編集部に入りました。

 

俳優になることが夢だったことを副編集長が知って、東京の芸能事務所の社長を紹介されたのがきっかけで芸能界に入れました。

 

そして、2005年にドラマ『ごくせん』で俳優デビュー、翌年の2006年『ハリヨの夏』で映画デビューもしています。

 

2008年映画『蛇にピアス』では、全身刺青で顔に15個のピアスをした青年の役を演じています。刺青は特殊メイク、ピアスはCGを使用したようです。

 

舞台にも挑戦しており、2011年、『時計じかけのオレンジ』に出演。

 

2013年、主演映画『横道世之介』で第56回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞しています。

 

ここ最近の出演では、

2015年2月に映画「悼む人」で主演しており、坂築静人役を演じています。

2015年1月から大河ドラマ「花燃ゆ」で高杉晋作役で人気絶好調です。

2015年6月には、「きみはいい子」に岡野匡役で主演しています。

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

高良健吾さんと彼女、でも恋愛観が意外

 

高良健吾さんの恋愛観がちょっと変っていて、現実の女性を否定しないけど、二次元の女性に憧れることはあるそうなんです。そして、好みのタイプはエヴァンゲリオンの「綾波レイ」だとか。

 

これまで彼女としてフライデーされたのは、多部未華子さんや堀北真希さんなど共演者が多かったようですが、本命は、non-noのカリスマモデル野崎萌香さんだったようですね。

今は、熱愛報道はないようですが、今後のフライデーに期待です。

 

出典:http://japan.techinsight.jp/

 

まとめ

 

今後も、最も活躍される俳優さんの一人だと思われる高良健吾さん。

 

8月28日(金)日本テレビの「アナザースカイ」に出演されます。

アイスランドが長年憧れだったという高良健吾さんが実際に現地に行かれて、しかも国際ライセンスもわざわざ取得してドライブしたということで、熱の入れようが尋常じゃないほどです。

 

なぜ、そんなにアイスランドに憧れていたのか。ぜひ、「アナザースカイ」を見てください。

 

 

-芸能, 高良健吾

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。