ドラマ「下町ロケット」原作は直木賞受賞作!放送日とあらすじやみどころは?

2015年秋ドラマ「下町ロケット」が放送されます。

なんといっても原作は、池井戸潤さん直木賞受賞作の下町ロケットがドラマ化されてとても楽しみです。
といってもいくら、直木賞受賞作品といっても視聴者は原作を読んでいる人ばかりではありません。

スポンサードリンク

下町ロケットのあらすじは?

簡単なあらすじを紹介しましょう。

ロケットといっても玩具とかではありません。
下町の工場がれっきとした宇宙に飛ばすロケットを制作するという話です。

といっても、ロケット全体を作るわけではありません。
というか、そうなったら天文学的なお金がかかります。

しかし、今回はロケットに載せる新型水素エンジンなのです。

大企業と中小企業が新型水素エンジンの部品テスト、一体、どちらに軍配が上がるのでしょう。

とこんな展開が待っているわけです。

確かに大企業と中小企業がそれぞれのメンツをかけてガチンコ勝負、思わず手に汗を握って見守っていたいです。
こうしてみたら、絶対、大企業の方が有利だと思うのではないですか。
さらに、大企業側の人間は自分側の有利を信じて相手を見下しているのです。

しかし、軍配は下町の工場の勝利です。
これはかなり痛快です。

といってもここまでくるのに様々なドラマが展開するわけです。

▲ドラマ下町ロケット目次にもどる

スポンサードリンク


下町ロケット主役の佃航平を阿部寛さん

ここで気になるのがキャストです。
なんと、主役の佃航平を阿部寛氏が演じるのです。

阿部寛氏はなんとモデルから俳優になった経歴の持ち主です。
さすがにモデル出身者だけあって体格がいいです。

しかも、彼は某映画で古代ローマ人を演じて違和感がないほど、顔立ちが濃いです。
いわゆる、コイメンというものなんですが。
おまけに長身、ただ、彼の父親も兄弟もそんなに身長が高くないそうなんです。

何故か、阿部寛氏だけが背が高いです。

おまけに熱血的な演技力も持ち主です。

さらに彼の娘に土屋太鳳さんが抜擢されています。
彼女は朝ドラで主役を張った逸材です。
しかも、オープンニングでは素敵なダンスを披露するなどとても魅力のある女性です。

ただ、言わせてもらうと航平の娘、利菜は原作では中高一貫の私立中学校の2年生なんです。

ぶっちゃけ、土屋太鳳さんだと私立中学校の2年生はさすがに厳しいかなと感じるのですが、そこのところどうなんでしょう。

▲ドラマ下町ロケット目次にもどる

下町ロケットの放送日とみどころは?

ドラマ「下町ロケット」の放送日は、TBSにて2015年10月18日からの予定です。

下町ロケットの見所は下町の小さな工場がどう、大企業と渡り合っていくかです。

さらにここでドラマのキーマンとなる存在が登場します。
佃航平が経営する工場と相対する帝国重工社長の藤間役の杉良太郎氏です。

佃製作所が帝国重工のロケットに部品供給ができるのかで話の展開が出てくるのです。
結局、社長の一声って大きいものなんです。

▲ドラマ下町ロケット目次にもどる

スポンサードリンク


ドラマ下町ロケット関連記事

▲ドラマ下町ロケット目次にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語