深夜ドラマ「JKは雪女」のあらすじと感想&キャスト

雪女の話は大抵の人がよく知っているはずです。
ただ、もし、JKが雪女だったらどうします。
ちなみにJKとは女子高生なわけです。

というか、現代版、雪女の恋物語といったところでしょうか。
なんでも、脚本家の秦建日子によるオリジナル脚本作品なんです。

今回は、深夜ドラマ「JKは雪女」のあらすじと感想&キャストについて調べてみました。

JKは雪女のあらすじと感想

ただ、雪女は妖怪なので、はるかに人間より長生きです。
だけど、永遠に生きられるわけではないんです。
だから、子孫繁栄のためにとある人間の子だねが欲しいわけです。

というか、何で人間との間で子供を作らなくてはいけないのか、疑問になったわけですが。

でも、おそらく妖怪でも少子化が進んでいるのでしょう。

ただ、人間だったら誰でもいいというわけではないんです。
日本の全権力を握る志羽神社宮司の一族でしかも、直系の志羽龍之介の心を射止めなくてはいけないというわけです。
で、彼が通っている高校に潜入する必要があったわけです。

なので、雪女もJKになったわけなんです。
JKは雪女というタイトルも納得がいくというものです。

といっても、主人公である小雪の姉が志羽龍之介の心を射止めるために高校に潜入したのに戻ってこなかったわけです。
で、妹が姉をおっかけてきたのです。

ここで姉の行方はどうなったんでしょう。
で、彼女は高校で志羽龍之介に出会ってどんな態度になるかです。

何故なら、姉の咲雪は龍之介の下僕である心根の優しい安藤玲に惹かれていたからです。

これでは問題が解決しません。
ここはやはり、小雪が龍之介にアタックするべきなんでしょうか。

JKは雪女のキャストは?

ただ、ヒロイン小雪役の平祐奈さんの相手役は玲役の横浜流星くんなんです。

ということは姉と妹が龍之介の下僕である玲を取り合うんでしょうか。
でも、ラブコメなんだからそういう展開もありかなと思うんです。

ともかく、龍之介のことは一体、どうなったのと突っ込みが入れたくなるのですが。
しかも、龍之介を狙っている妖怪は雪女だけではなさそうですし。
というか、実際、龍之介の子種を狙う狐火の朱音がいるんです。

さて、この恋の展開は一体、どうなっていくんでしょう。

とはいうものの、龍之介は戸塚純貴くんがやるわけなんですが。

なんだか、戸塚純貴くんと横浜流星くんって二人ともイケメンで目の保養になります。
といっても、小雪役の平祐奈さんも可愛いんですが。
一応、自分は女性なのでやっぱり、かっこいい男の子がいるとなんだか、嬉しいんです。

ともかく、JKは雪女は深夜ドラマなんです。
ここはやはり、ビデオで予約録画をしてから昼間、じっくり見た方がいいかもしれません。

見逃しちゃったという方は・・・

見たいドラマを見逃しちゃったという方は、「U-NEXT」(31日間無料トライアル)や「hulu」(2週間無料トライアル)などのサービスを利用すれば、安心してください。見れますよ!


「U-NEXT」(31日間無料トライアル)

 「hulu」(2週間無料トライアル)

【2015年秋ドラマ関連】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語