ドラマ「掟上今日子の備忘録」の原作とキャストやあらすじについて

2015年10月から放送の秋ドラマ「掟上今日子の備忘録」の原作とキャストやあらすじについて少しご紹介致します。

また、原作からの見所や感想についても書いています。

スポンサードリンク

掟上今日子の備忘録のキャスト

主演は人気女優の新垣結衣さん、そして岡田将生といった人気俳優も起用で原作を知っている方から今回初めてこの話を知ったという方でも「ちょっと見てみようかな」となる馴染みやすいキャスティングかと思います。

▲ドラマ掟上今日子の備忘録目次にもどる

掟上今日子の備忘録の原作は?

最近のパターンとしては多いのですが、原作あってからの実写化ドラマとなりますね。

原作はアニメ「化物語」の物語シリーズで有名な西尾維新さん。

言葉遊びが独特な小説でファンも多い作家の一人です。

アニメを見ないという方でも、書店やコンビニのコラボ商品、スロット台等で化物語を知っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

その西尾維新の小説「掟上今日子の備忘録」は忘却探偵シリーズとして現在3冊が発刊されています。

ドラマ化の前にアニメ絵での原作CMを放送していたので、アニメしか見ないという方でも存在は知っていたかもしれません。

▲ドラマ掟上今日子の備忘録目次にもどる

掟上今日子の備忘録のあらすじは?

そんな話題小説の実写ドラマ化、内容はどんなものかと言うと…

岡田将生演じる隠館厄介(かくしだて やくすけ)という周りで何か起きれば必ず疑われてしまうくらい史上最も運が悪い男が、新垣結衣演じる掟上今日子(おきてがみきょうこ)という探偵に助けてもらいながら事件を解決していく。

という一風変わった探偵ドラマとなります。

面白いのは新垣結衣演じる掟上今日子(おきてがみきょうこ)の記憶は一日しか保たないという事。

なので事件解決も記憶がある一日中に解決してしまうという、最速にして忘却の探偵となるので、ドラマ自体も基本的には毎回一話完結での連続ドラマとなるのではないでしょうか。

記念すべき一話目のあらすじは、

隠館厄介か務める研究所で重要な機密データの入ったSDが消え、周りの人間全員から隠館厄介が犯人と決めつけられるところから始まります。

なんとか疑いを晴らすためにも探偵を依頼し、派遣されてきたのがタイトルにも名前がある掟上今日子。

冷静沈着に事件と向き合う今日子は本当に一日で事件を解決出来るのか…

そんなあらすじとなっています。

▲ドラマ掟上今日子の備忘録目次にもどる

掟上今日子の備忘録の見所は?

みどころはやはり今日子が本当に一日で事件を解決出来るのか、またその解決への流れや本当に記憶が無くなってしまうのかというところになると思います。

後は原作で人気の言葉遊びも実写ドラマとしてどのように使われていくのか、というところもファンには注目のみどころではないでしょうか。

▲ドラマ掟上今日子の備忘録目次にもどる

掟上今日子の備忘録の感想は?

筆者の感想としては、CMを見た感じ意外と新垣結衣さんのウィッグ姿が似合っているなという印象。

やはり原作絵を忠実に再現した見た目なのでコスプレ感は否めませんが、そこを崩さなかったという事はその容姿にも何か今日子の記憶に関する秘密が隠されているのではないかと思います。

期待しながら放送を心待ちにしていましょう。

▲ドラマ掟上今日子の備忘録目次にもどる

ドラマ掟上今日子の備忘録関連記事

▲ドラマ掟上今日子の備忘録目次にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語