コウノドリ ドラマ

TBSドラマ綾野剛主演「コウノドリ」の原作漫画のネタバレあらすじや感想

更新日:



スポンサードリンク

2015年の秋ドラマが一斉にスタートしますね。どのドラマを見ようか迷ったら、TBSのコウノドリがおすすめです。

今回は、TBSドラマ綾野剛主演「コウノドリ」の原作漫画のネタバレあらすじや感想についてご紹介します。

コウノドリの第一話あらすじは?

コウノドリの舞台は、産婦人科です。ある産婦人科医は、冷静だけども患者の気持ちをよく理解している心優しい先生です。

しかしただの先生ではなく、情熱的なピアニストという側面も持っています。この先生が主人公になり、赤ちゃんが産まれる現場をドラマ化しているのです。
記念すべき第一話は、妊婦検診を受けていなかった妊婦さんの分娩です。

未受診の患者だと、赤ちゃんの今までの様子がまったく分かりません。逆子かもしれないし、赤ちゃんの大きさも分からないのです。

 

さらに妊婦さんの体調や妊娠している時に受けるべきだった検査も終わっていません。

そんな危機的な状況の中、先生は出産するように患者を受け入れます。

 

果たして出産は無事に終わるのか!?という話です。

 

普通ならばハッピーエンドで無事に産まれるはずですが、リアルな出産現場を描くとホームページには書いてあったので、もしかしたら‥という事はあるかもしれません。

▲ドラマコウノドリ目次にもどる

コウノドリの原作は大ヒットしたマンガから

コウノドリの原作はマンガです。

産婦人科というと女性向けコミックに思えますが、男性誌です。

しかも異例な大ヒットマンガで、累計100万部発行という売れ行きです。

それを「ゲゲゲの女房」や「八重の桜」を書いた山本むつみさんが脚本しています。

病院を念入りに取材したそうで、リアルティーさを追及しています。

▲ドラマコウノドリ目次にもどる

コウノドリのキャストは?

このドラマの主演は、今や飛ぶ鳥も落とす勢いの綾野剛さんです。

産婦人科という、今までにないような役を演じます。さらに松岡茉優さんや吉田羊さんも出演しているという、豪華メンバーです。

▲ドラマコウノドリ目次にもどる

コウノドリのみどころは?

この作品のみどころは、産婦人科を取り巻く医療の現場です。

赤ちゃんを産むというおめでたい場所が産婦人科ですよね。病院の中でも、病気を治す場所ではなくて新しい命を授かる神聖な領域です。

しかし、その現場を取り巻く社会問題や出産のリスクやアクシデントなどの黒い部分も描いているのがみどころです。

▲ドラマコウノドリ目次にもどる

コウノドリのホームページを見た感想は?

コウノドリのホームページを見た感想は、綾野剛くんが赤ちゃんをだっこしているというのが印象に残っています。

あの綾野剛くんが‥と違和感がありますが、それこそがミステリアスなピアニストを演じるのに必要な要素だと思います。

一筋縄ではいかないような役を綾野剛くんが演じてくれそうな気がします。

▲ドラマコウノドリ目次にもどる

見逃しちゃったという方は・・・

見たいドラマを見逃しちゃったという方は、「U-NEXT」(31日間無料トライアル)や「hulu」(2週間無料トライアル)などのサービスを利用すれば、安心してください。見れますよ!


「U-NEXT」(31日間無料トライアル)

 「hulu」(2週間無料トライアル)

 

▲ドラマコウノドリ目次にもどる

ドラマコウノドリ関連

 

 

 

 

-コウノドリ, ドラマ

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。