ドラマ「テディ・ゴー」の原作やキャスト、あらすじについて

テディ・ゴーというドラマが10月10日にフジテレビで午後11時40分から12時05分、放映されます。
そこでもしも、購入した編みぐるみのくまにおっさんの魂が宿っていたらどうします。
このドラマは傷心フリーター女子と、熱血オヤジ刑事の魂が宿るクマとのやり取りです。

正直、こんなのありっていった感想なんです。
普通、怪奇ものですよ。

テディ・ゴー原作は?

ちなみにドラマの原作となる加藤実秋さんの小説アー・ユー・テディ?です。
さらにテディ・ゴー!と次から次へと刊行されてこのシリーズは四巻出ているのです。

なんといっても発売当初から映像化が待ち望まれていたんです。
確かに実写化したら面白いようですが。
でも、可愛いくまの編みぐるみの中身がおっさんなんです。

テディ・ゴーあらすじは?

ちなみに 主人公の山瀬和子を演じるのは森川葵さんです。
そして、くまの編みぐるみの中身をやるのが哀川翔さんです。

実はオヤジな刑事の天野康雄の魂が編みぐるみのくまに宿っていたんです。

というのも、殺人事件の捜査中、何者かに殺されてしまった天野康雄。
ここで普通、昇天となるはずでした。

しかし、このまま死ねないと思ったのか、
康雄の魂は被害者の息子の持ち物だった編みぐるみのくまに憑依したわけです。

その編みぐるみのくまが何故、主人公の山瀬和子の手に渡ったかというと、道路に落ちていたのです。結局、拾ったということです。

でも、普通、落ちていたのなら交番に届けるのが当たり前です。

とはいうものの、そうなったらここで話が終わってしまいます。

ともかく、拾ったぬいぐるみを持って家に帰宅した主人公。
帰宅をしたら待っていたのは、母親の説教が待っていたのです。
というのも、主人公がプータローだったからです。

親としてもいつまでも定職につかない娘が心配だったのでしょう。

とにかく、母親に言われて家に生活費を入れなくてはいけなくなった主人公。
だけど、バイトはクビになり、拾った編みぐるみのくまにはおっさんの魂がついていたという展開。かなり、可哀想な展開なんです。

果たして、主人公はこれからどうなってしまうんでしょう。

テディ・ゴーのキャストは?

さらにこの作品、周囲をとりまくキャストもなかなか、見ものです。

なんといっても天野康雄が生前、バディだったイケメン刑事、冬野に平岡祐太さんです。

案外、この冬野刑事もこのドラマにかかわってくるかもしれません。
なんたって、主人公は若い女の子なんですから。
見た目かっこいい男性にぽーとなってしまうんです。

しかし、彼は変人です。
その点もドラマが進行していくうちにそのこともはっきりしてきます。

見逃しちゃったという方は・・・

見たいドラマを見逃しちゃったという方は、「U-NEXT」(31日間無料トライアル)や「hulu」(2週間無料トライアル)などのサービスを利用すれば、安心してください。見れますよ!


「U-NEXT」(31日間無料トライアル)

 「hulu」(2週間無料トライアル)

【2015年秋ドラマ関連】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語