サイレーン第1話ネタバレあらすじと感想!犯人はカラじゃない!

ドキドキが止まらないドラマサイレーンの第1話が終わりました。

結局、第1話あらすじはきっかけ作りなんです。
カラが猪熊に接近するための殺人です。

ともかく、初回は二時間でストーリーは展開していきます。
でも、内容はまだまだ、サイレーンの話のスタート地点です。

スポンサードリンク

サイレーンの第1話ネタバレあらすじと感想

で、気になる内容なんですが、
いきなり、殺人事件から始まります。

しかも、犯人はカラじゃないんです。
ここでおやと思ってしまうわけです。
原作を読んでいる人ならカラが悪人なんです。

なので、第三者から始まる殺人事件ってどうなんでしょう。

とにかく、一回目のあらすじは猪熊、里見、二人が職場で相棒、プライベートで恋人といったところを強調しています。
さらにカラが猪熊に接近していく展開です。

カラオケボックスで歌っていたら、強姦現場に遭遇。
警察官なんだから非番でも犯人捕獲。

さらに殺人事件現場への直行。
彼らの職場での立場をさりげなく説明しています。
初回なんだから、そんなに踏み込んだドラマ展開はしています。
これから見たいという気持ちを起こさせるストーリーです。

でも、カラオケボックスは完全防音のはずです。

なのに、なんで外の音が聞こえるんでしょう。
さらに強姦に及んでいたのは男子トイレの個室です。
いくら、非常時だからといって躊躇いもなく男子トイレの中に入っていく猪熊。
これはもう警察官の鏡です。


スポンサードリンク





でも、幾ら個室を使っていたとはいえ、強姦に及んでいた連中になんで店の人が気が付かないんでしょう。

さすがにトイレにも防犯カメラをつけて欲しいです。
実際、セキュリティーの面ではその方が安心できます。
ともかく、里見のお陰で未遂に終わったわけですが。

さらに何故か、殺人者に狙われるカラ。

さすがにこれには驚きの展開です。

ただ、相手が悪かったです。
あっさり、カラに返り討ちに遭い、自分が逆に犠牲者になる殺人者。
ここでも、彼女の異常さが際立つんです。

というか、いきなり、クビを閉められそのまま、吊り上げていく時点で殺人者の首を足ではさむというのは凄いです。
で、相手がうめいている背後からレンチでがつんと一撃です。

さて、カラはいろいろあった結果、サイレーンの第1話で無事、猪熊との接触に成功しました。

▲ドラマサイレーン目次にもどる

サイレーンの第2話予告と期待について

次はどういう展開になってくるのでしょう。

なんと第2話では今度は里見がカラに接触します。
里見がカラに接触したのは猪熊を守るためです。

里見がカラに気づいたのは猪熊への異常な執着です。
悪女が自分の大切な恋人をターゲットにしたわけです。
彼女を守るために里見がどう行動するか次の回も楽しみです。

▲ドラマサイレーン目次にもどる

スポンサードリンク





サイレーン関連記事

▲ドラマサイレーン目次にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語