プロ野球

高山俊選手の出身中学、高校や大学での活躍についてと彼女の情報

投稿日:



スポンサードリンク

48年間やぶられることのなかった高山繁さんの大学通算安打記録を131安打(10月19日現在)と更新し、歴代1位の成績に輝いている注目の高山俊選手(たかやましゅん)が10月22日のプロ野球ドラフト会議2015に臨みました。

 

高山俊選手のドラフト会議でのエピソード

 

高山俊選手の、ポジションは外野手で右投左打です。

 

高山選手は、ドラフト会議で東京ヤクルトスワローズと阪神タイガースの2球団から1位指名を受け、ヤクルトの真中監督と阪神の金本監督による抽選の結果、阪神に入団交渉権が渡りました。

 

その際の高山選手の交渉権をかけた抽選時に、予期せぬ注目を浴びたのが、真中監督による抽選結果の勘違い騒動です。

 

真中監督は自分が交渉権を手に入れたという勘違いをしてしまいました。

 

この騒動は、ドラフト会議の結果と共にテレビのニュース番組で取り上げられました。

 

高山俊選手の出身中学、高校について

 

高山選手の出身は、千葉県船橋市です。

 

中学生になると、学校の部活の他に硬式野球クラブの船橋中央リトルシニアに所属、通っていた七林中学校では陸上部に所属していたそうです。

 

高校は、東京の日本大学第三高等学校に進学し、在学中に甲子園に出場、2011年の3年の春ではベスト4、その夏の甲子園では優勝を果たしました。

 

高山選手は、その夏の決勝戦が今までで一番印象深い試合と話しています。決勝での高山選手の成績は、5打数2安打1本塁打5打点という素晴らしい成績を残しています。

 

高山俊選手の大学は?

 

高校卒業後の進路は高卒のプロ志望ではなく、明治大学の野球部へと決めました。

 

大学でも1年生の時から活躍し、今回の大学通算安打記録に繋がっています。

 

高山選手は、その記録を打ち出すほどのバッティングスキルを持っており、走りの方では50メートルを5秒8、強肩といわれているその肩で遠投110メートルと、走攻守において大活躍しています。

 

入団交渉権を獲得した阪神の金本監督は、将来は3番・4番をと期待をよせています。ここまで何においてもレベルが高い選手ですので、期待が大きくプレッシャーになるかもしれませんが、ぜひ頑張って大学の時のように記録を残してほしいです。

 

高山選手の彼女情報

 

高山選手の彼女情報は今のところ見当たらないのですが、野球一筋なんでしょうかね。

 

活躍されている選手なので、彼女持ちでもおかしくないとは思います。高山選手の恋愛事情は何ともいえないですね。

 

彼の恋愛事情は置いといて、早くプロ野球選手としての高山選手が1軍で活躍する姿をみたいです。今から楽しみにしています。

 

【プロ野球ドラフト関連】

 

-プロ野球

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。