高橋純平選手の出身中学、高校や彼女の情報について

北海道日本ハムファイターズ・福岡ソフトバンクホークス・中日ドラゴンズの3球団からプロ野球ドラフト1位指名を受けたのは、高橋純平(たかはしじゅんぺい)選手、高校3年生です。

高橋選手は、ドラフト予想の時点で1位指名確実といわれていたほどの注目選手でした。

ドラフト会議本番までのテレビ等のメディアで数多く取り上げられ、高い評価を得ており、高校生の中では注目度の高い選手でした。

高橋純平選手の出身地と中学、高校について

高橋選手(18歳)は、1997年5月8日岐阜県岐阜市に生まれです。

野球をはじめたのは、小学校2年生の時に軟式野球クラブの梅林スポーツ少年団でした。

岐阜県立梅林中学校出身で、中学では硬式野球クラブの揖斐パワーズ(現在は揖斐本巣パワーボーイズとして活動)に所属、当時は外野手でしたが、中学3年の時に投手に変更しました。ちなみに、高橋選手は右投右打ちです。

中学3年時に、岐阜県選抜に選ばれ、ストレートで142キロの速球で注目されました。この大会では準優勝の結果に終わっています。

高校は、野球の名門校の岐阜県立岐阜商業高校に入学。

1年生にしてベンチ入りし、春の県大会で登板を経験、145キロの投球をみせました。

1年後の2年生の春には、151キロを記録し前年度より球速に成長をみせるも、夏の大会は県ベスト4となり甲子園出場を逃した。

その夏に高橋選手が主将という大役に就き、秋の県大会と東海大会で準優勝をしました。

東海大会では奪三振35を球速も152キロを記録しています。

その後、春のセンバツに決まり、甲子園に出場するもチームは準々決勝で敗退。夏の大会も高橋選手は負傷し、甲子園のマウンドに再び立つことはありませんでした。注目されていただけあって残念です。

その後、U―18日本代表に選出され、同年代の仲間達と共に外国の選手と熱闘を繰り広げ、準優勝という成績を残しました。

高橋純平選手の彼女の情報について

若い高橋選手ですが、恋愛事情が気になりますね。

ネットで彼女を名乗る人がいるようですが、信憑性はないかと思います。

その他で検索してみても、彼女の情報は発見できませんでした。

プロになったら野球の腕前だけでなく、女性の黄色い声援がたくさんきこえてきそうですね。

スポンサードリンク

高橋純平選手の今後に期待すること

さて、高橋選手は、ドラフト会議で3球団からドラフト1位指名を受けており、福岡ソフトバンクホークスが高橋選手の交渉権を手に入れています。

そのソフトバンクで高橋選手の周りを魅了する投球パフォーマンス期待したいです。

そして、プロでもチームのエースになってほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語