陸上男子100mの大嶋健太選手のプロフィールや中学、高校、お兄さんの情報 について

陸上男子100mの大嶋健太選手について
プロフィール中学高校についての情報
について調べてみました。

ミライに輝くアスリート応援番組。
フジテレビのミライ☆モンスター
出演する大嶋健太選手。

ad6gf846a4dg6a4d6g

出典:https://twitter.com/tyanko903

大嶋健太選手は、陸上男子100m
日本の未来を担う若きアスリートです。

ユースオリンピック銀メダル
彼の次なる目標は日本人初夢の9秒台
ぜひ達成してほしい。

スポンサードリンク

大嶋健太プロフィール

生年月日:1997年9月3日
年齢:17歳
性別:
身長:173cm
体重:65kg
出生地 :東京都
在学校名:東京高等学校
出場予定種目:100m
家族:両親と兄2人

小学生時代はバスケットボール
していたとのこと。

東京中村中学校「顧問の先生に勧められて」
本格的に陸上を始めたようです。

2013年に東京高に入学してから
100メートルが専門種目で
2014年の全国高校総体、
長崎国体で優勝しています。

中国の南京で行われた
ユース五輪では、銀メダルを獲得しています。

大嶋健太選手の目標は、同じ種目の先輩
東洋大学の桐生祥秀選手。

ここまでの大嶋健太選手の
経歴を見てみましょう。

2013年夏のインターハイ
100メートルで4位

ここで、あこがれの先輩、
桐生祥秀選手と出会っています。

桐生選手は、京都の洛南高から出場し、
100、200で優勝、さらに40m
リレーでも優勝(短距離3冠)

大嶋健太選手コメント
「(桐生祥秀選手の)スタートからの
加速力が数倍上だった」

トップレベルのスピードを肌で感じた
大嶋健太選手は大きな衝撃を受けたらしい。

2014年 夏のインターハイ
スタートで出遅れながら、
終盤の加速で逆転して優勝

ここで10秒37をマークし
100mでの自己ベストを記録

2014年秋の長崎国体
少年男子Aで優勝し、
上級生を抑えて高校2冠に輝く。

2014年8月の中国の南京で開催された
ユース(14~18歳)五輪では、
銀メダルを獲得

2020年の東京五輪に向けてコメント
「もちろん、出場を目指しています。
高校生の間にしっかりと練習を積んでいきたい」

大嶋健太選手の特徴は、
スタートに少し課題があるものの、
終盤は加速する走りを見せているところですね。。

ぜひ、日本人初の夢の9秒台を達成し、
東京五輪では、これまた夢の100m
優勝に期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語