遺産争族第2話で誓いのキスが長い!あらすじネタバレや感想について

遺産争族、第2話からいろんな面で見せてくれます。
華やかな結婚式からすでにお互いの腹の探りあいがなんだか異様です。
にしても、誓いのキスが長かったです。

スポンサードリンク

遺産争族、第2話ネタバレあらすじ

で、育夫と楓の結婚生活がスタートしたわけです。
いきなり、引越しシーンでした。

しかも、引越しを手伝いにきたのは居酒屋をやっている育夫の友人でした。
育夫が母親に楓を紹介したお店です。
何故か、妹さんがいきなり、ビールを出して感じが悪かったんですが。

ひょっとして、彼女、育夫に気があったんでしょうか。
そんな雰囲気がにじみ出ていました。

ともかく、なんだかんだで第2話スタートです。
1話目であっさり、婿になることを承諾した育夫に家族は不審な目を向けていました。
主に次女と三女なんですが。

しかも、早くも舅の婿いびり的な展開がありました。
結婚後、病院でも佐藤から河村となるよう指示されたわけです。

その件も反論せずに従順に従う育夫。
これは舅の婿いびりなんでしょうか。
ねちねち、嫌味を言われても一向に平然としているんです。

ただ、最後に育夫の本心が爆発して、龍太郎が育夫に財産を譲ると決意するのがあらすじでした。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

スポンサードリンク





遺産争族、第2話感想 遺産にこだわっているのは・・・

で、感想なんですが。

正直、遺産にこだわっているのは次女と三女だけに感じます。
何故なら、長女は遺産について何も言っていません。

さて、話が変わりますが。
龍太郎は妻が亡くなったあと、遺言状を書いていたんです。
娘達に全財産を譲るつもりだったんです。
でも、現在、彼は娘達に全財産を譲る気がなくなっているのです。

その理由はドラマの中でも言っていたんです。

結局、家族だからこそ遺産を渡したくないんです。
理由は次女と三女を見たら判ります。
あの2人を見て視聴者はどう思うんでしょうか。

ちなみに、今回も葬式シーンが入りました。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

カワムラメモリアルが手がけたのがペット葬

今回、カワムラメモリアルが手がけたのがペット葬です。

というか、前回に引き続き、またお葬式が入るんです。
たかだか、猫の葬儀に一千万もかけた老夫人。
案の上、葬儀の最中、家族の乱入。
そして、最後に老夫人が叫んだ一言。

あの言葉が今回、心に響きました。

さすがに「遺産争族」の脚本を担当している井上先生、いい仕事をしています。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

3話目も婿VS舅の戦い

終わりに次回、3話目なんですが。

育夫は遺産なんていらないと河村家の面々を罵倒したのに、何故か、龍太郎が育夫に息子にならないかとせまるんです。
そこでまた、家族が騒ぎだし、恒三の怒りもさらに強くなっていきます。
怒った恒三は育夫に対してある試練を与えると言う展開のようです。

やはり、婿VS舅の戦いに釘づけになりそうです。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

スポンサードリンク





ドラマ遺産争族関連記事

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語