嘔吐・下痢

幼児の嘔吐・下痢で熱がない症状の原因や対処法について

投稿日:



スポンサードリンク

すっかり寒い日が続きますね。空気が乾燥し始め、風邪や熱が出やすい時期になりました。

 

幼児はついさっきまで元気だったのに、お昼寝したら体調が悪くなっていた!なんて事もあるので、いつ体調を崩してもいいように知識だけは親が頭にいれておきたいですよね。

 

今回は、幼児の嘔吐・下痢で熱がない症状の原因や対処法について調べてみましたので、ご紹介します。

 

d354j644444444444444444444winword出典:http://www.kuwana-med.com/

熱がないのに下痢や嘔吐がある原因は?

熱がないのに下痢や嘔吐がある原因は、いくつか考えられます。

 

まず身近な例だと、なにか体に合わないものを食べてしまった時です。

 

夏なら食中毒が考えられますが、冬だと傷んだ野菜を食べてしまったり、冷たい飲み物を飲んで下痢を繰り返したりなどがあります。

 

また、幼児だと公園の砂などの食べる物ではないのに食べてしまったという事もあります。

 

そして、冬だとロタウィルスやノロウィルスが考えられます。

 

保育園や幼稚園などの集団で生活する場所でウィルスをもらってきてしまう場合が考えられます。

 

保育園や幼稚園でウィルスが流行っていたらまずはウィルスを疑うと良いでしょう。

 

また、流行っていなくてもその子供が第一に感染したのかもしれません。
風邪でも、最初は発熱しなくて嘔吐を繰り返し、後から熱が出る場合があります。

また、最初は嘔吐で次に下痢となるケースもあります。

 

水分補給は必ずさせるようにする。

もし下痢や嘔吐を繰り返すようならば、体の水分量に気をつけなければいけません。

食べ物は無理して食べなくてもいいけど、水分はとらないと脱水症状を起こします。

水でもお茶でも、スポーツ飲料でも構いません。子供が飲めるものを飲ませます。

スポーツ飲料は体に栄養を取り込みやすいため、食欲がないならば飲ませた方が良いです。

また、オーエスワンは子供にとってしょっぱいと感じる事もあるため、無理して飲ませなくてもいいです。

 

水分を取れないならば点滴をする。

もしも幼児が水分もいらないというような状態ならば、医者に言って点滴をしてもらいましょう。

点滴が必要かどうかは医者が判断しますが、水分を取れないと親からも言うことで点滴をさせてもらえるかもしれません。
まだ言葉がしっかりとしゃべれない幼児でも、親が真剣に言えば水分をとるように意思が動くかもしれません。
私の子供は二歳になったばかりで言葉をあんまりしゃべれませんでしたが、真剣に「病院に泊まらなきゃいけないかもしれないの。そしたらママ悲しいよ。」と伝えたら、子供は理解してくれて水分を取るようになりました。

しかしこればっかりは子供の性格なので、水分を取るのが無理ならば点滴しましょう。

 

 

 

-嘔吐・下痢

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。