ドラマ遺産争族第4話動画はこちら!ネタバレあらすじ5話の予告

遺産争族4話に入り、ますます家長である龍太郎(伊東四朗)の心意がわからなくなり、長女陽子(余喜美子)、次女月子(室井滋)、3女凛子(板谷由夏)は不満を抱きます。

そして育生(向井理)に必要以上に嫌がらせをします。

スポンサードリンク

ドラマ遺産争族第4話ネタバレあらすじ感想

太郎は自分の課題をクリアした育生をなんとか息子にしようと弁護士と相談します。そこで、楓と育生の婚姻届が出されていないことを知ります。

家に帰り、長女陽子に婚姻届は出したのか訪ねると、恒三が出したと伝えました。そこで龍太郎は恒三の企みに気付きます。

おかしく思った陽子はこっそり恒三の部屋に入り、机の引き出しの鍵を探し出し、出されていないぐしゃぐしゃになった婚姻届を見つけます。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

破れかけた婚姻届を真っ二つに

思わず力が入り、破れかけた婚姻届を真っ二つに破いてしまいますが、何事もなかったかのように隠してしまいます。

凛子は、自分の取り分の遺産をこれ以上減らされたくなくて、育生の病院に行き、心意を探ります。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

家族たちのもめ事を止めてみろ

恒三(岸部一徳)の葬儀を手伝わされていた育生に、争っている家族たちのもめ事を止めてみろ、それでこそ河村家の家業だとけしかけます。

育生は争いを止めようと間に入り、家族の大切さを話し、一瞬みんなが納得しますが、そこを恒三が、育生のミスと罵り葬儀をしている家族たちに頭を下げ、場を収めます。

そして、夜もご飯に誘い、医者を続けることへの不満を言ったり、お酒が飲めない育生に無理矢理飲ませ、つぶしてしまいます。

そして帰宅し、楓(榮倉奈々)が介抱するなか、龍太郎が婚姻届が出されてこそ夫婦だとみんなの前で話します。

楓と育生はびっくりし、そこに恒三が破れた婚姻届を持ってきます。

楓は恒三に、育生に謝ってと言いますが、恒三は謝ることはなく、陽子がなんとかなだめようとフォローします。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

スポンサードリンク





育生は我慢の限界に

ついに、育生は我慢の限界になり、今まで楓の幸せの為に、家にいるのが一番いいと思っていましたが、実家に帰らせていただきます。と宣言し、二人で家を出てしまいます。

そして、その足で育生たちが向かったのは役所でした。破れた婚姻届を提出すると、書き直しを進められますが、この婚姻届で自分たちは夫婦になると宣言し、晴れて夫婦になります。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

母への怒り

そして、育生の実家に向かう途中、行きつけだった居酒屋に顔を出すと、母華子(岸本加世子)が友達と飲んでいると聞き、顔を出すと、華子は面白おかしく息子が玉の輿になったことを話しているのを聞き、幻滅してしまいます。

自分を心配していると思っていた母がまさかと、怒りすらこみ上げてきます。
楓は笑うしかできず、その場に立っていると、華子は二人に気付き、我にかえります。時すでに遅し。

そして、恒三と陽子もこの一件で、恒三から陽子に顔を見たくないと言われ、不仲になってしまいます。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

ドラマ遺産争族第5話予告

次回は5話ですが、育生と華子のこじれてしまった関係、ますます遺産の取り分を育生には渡すまいとなる姉妹、龍太郎と恒三の関係がどうなっていくのか楽しみです。

果たして、龍太郎の思惑通り、遺産を娘たちに渡さずに、終わるのでしょうか。
私は遺産なんて、自分には関係ないとずっと思ってきました。

主人は男三人兄弟の末っ子、私は三人姉妹の長女ですが、家に遺産なんてあるとも思っていなかったし、そのお金を充てにしたこともなく、兄弟仲良くやっていたので、ドラマを見て、もし自分たちがこうなったらと、少し怖くなりました。
お金は人を変えるということを覚えておきたいです。
そして、揉めないためにも、みんなが幸せで居続けてくれることを願っています。

遺産争族、久々に面白いと思ったドラマでした。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

スポンサードリンク





ドラマ遺産争族関連記事

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語