サイレーン第4話カラの犯罪の目撃者はだれ?ネタバレあらすじと感想

奇妙な三角関係が気になるサイレーン 刑事×彼女×完全悪女 第4話です。
刑事は里見、彼女は猪熊、完全悪女がカラなんです。

スポンサードリンク

カラの犯罪の目撃者はだれ?

ともかく、第4話はカラの完全な犯罪にほころびが生じたというところでしょうか。
事件の目撃者がいたいうことです。

というか、今までカラの犯罪が公にならなかったのは事件の目撃者がいなかったということです。

結局、目撃者がいないことで今まで、完全犯罪が達成できたのです。

殺したはずの人間が生きていることを知って行動を起こすカラ。
それに気づく里見
思わず、サイレーンの世界に入り込んでいきます。

▲ドラマサイレーン目次にもどる

雑すぎる?カラの犯罪

ただ、気づいたんですが。

カラの犯罪って雑すぎると思いませんか。

というのも、目撃者が生きていることを知って病院に行くのはいいけど、里見に気づかれてしまうんです。といっても里見もカラの匂いで気がつくんですが。

いや、里見も匂いで気がつくなんてまるで犬みたいです。

ただ、里見に声をかけられても反応の鈍いカラ。
凄いです。結局、猪熊にしか眼中にないってことですか。

興味のないものは全て、自分の記憶から抹消する態度はさすがです。
むしろ、清清しいですね。

ともかく、不信感を募らせる里見。

▲ドラマサイレーン目次にもどる

スポンサードリンク





女難の相の里見

さらにクラブに潜入した時のアイとレナに再会。
彼女達に刑事だということがばれてしまいました。

といっても聞き込みに行った家にいたんだから仕方がこないんですが。

さらに今回、女医さんに襲われる里見。

なんだか、今回は女難の相があったみたいです。
でも、事件の手がかりがつかめたので結果オーライでしょう。
何故なら、今回の被害者、麻弥が月本をさんづけでは呼ばないはずだということです。
なのに、うわ言で誰かをさんづけで呼んでいたんです。

これはひょっとして、麻弥は月本でない誰かに殺されかけたのではないかと推理する里見。

かなり、鋭いです。

▲ドラマサイレーン目次にもどる

カラにストーカーが?

で、カラにたどり着くわけですが。
今回、彼の変装、凄いです。

でも、あれではカラのストーカーみたいです。
案の定、カラに逆に利用されるんです。

エレベーターが開いた途端に猪熊の視界に飛び込んできた里見とカラのツーショット。
これってかなり、誤解される展開ではないですか。

次回に釘つけになりそうな予感です。

▲ドラマサイレーン目次にもどる

サイレーン第5話は・・・

ともかく、なんだか猪熊の誤解から始まるような展開のサイレーン、弟5話なんですが。
なんと、猪熊が本庁捜査一課の移動を命じられるんです。
これって栄転ですよね。

でも、そのことを素直に喜べない彼女。
で、本庁捜査一課の移動を狙っていた速水は内心、複雑です。
そして、猪熊が出世した原因を探して、カラに近づいていきます。

さらに里見の方はカラの家に忍び込んで彼女の過去の手がかりをみつけるようです。

なんだか、急展開な場面が期待できそうです。

▲ドラマサイレーン目次にもどる

スポンサードリンク





サイレーン関連記事

▲ドラマサイレーン目次にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語