リコイは新種の猫でショートヘアがかわいい!性格や価格は?どこで買える?

「リコイ」という新種の猫を知っていますか?

別名「ウェアウルフ・キャット」と呼ばれるこの猫。

ギリシャ語でオオカミを意味する『Lykoi』が名前の由来なのです。

そんなにオオカミに似ているの!?(・_・;? …と言われてしまうような名前の由来ですが、では「リコイ」がどんな猫なのか、紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

リコイ発祥の地はどこ?

「リコイ」を生み出したのは、アメリカの南東に位置するテネシー州の、獣医でありブリーダーとしても知られている、ジョニー・ゴブル氏

2010年にアメリカン・ショートヘアの突然変異として誕生したのがきっかけでした。

a6g451adg12aht841ah出典:http://news.livedoor.com/article/image_detail/10844079/

リコイの特徴を教えて?

この「リコイ」、何よりも特徴的なのが毛の生え方です。

お腹やアゴ、首回りに脚…と、普通の猫であればフワフワの柔らかい毛並みに覆われている部分の毛が、この「リコイ」はとても薄いのです。

ほぼ生えていないと言ってもいいほどです。

また、全身の毛がなくなり、無毛の猫として知られる「スフィンクス」のようになってしまう個体もいるとのことです。

そして突然変異の誕生ではありますが、DNA検査の結果、異常が見られなかったというから驚きです!

毛の生えていない皮膚にも、何の問題もなかったそうですよ。

まるで野良猫のようにゴワゴワとした毛がまだらに生えていて、キリッと鋭い目付き。

このような外見から、「リコイ」のことを「狼男みたいだ」と例える声もあるようです。

リコイの性格は?

そんな狼男のような「リコイ」ですが、性格はなんと「犬のよう」だというからこれも驚きです!(◎_◎)

動くものを追いかける狩猟の性質が強く、また、よく遊ぶそうです。

そしてその反面、人間によく懐き、なんと忠誠心もあるというのです。

見た目はオオカミ?

野性味溢れる見た目はまるで『オオカミ』のようですが、その性格は『犬』のように忠誠心がある『猫』…。

まるで、一度に三種類の動物を飼っているような気分になってしまいそうです(((o(*゚▽゚*)o)))

この見た目と性格のギャップは、まさに「甘辛MIX」そして「ツンデレ」ではないでしょうか(*´ω`*)

リコイはどこで買えるの?価格を教えて?

そんな「リコイ」、実は正式なブリーダーさんがまだ数人しかおらず、数も少ないことから、日本円換算で約18万3,000円~30万円での販売となっています。

毛色などの状態により価格が変わるようです。

まだ日本国内では販売されていませんので、数年後にペットショップなどで見かけることがあるかもしれません。

一見少し怖い外見ではありますが、忠誠心に溢れ、よく遊ぶこの「リコイ」。

そのギャップに心を撃ち抜かれて、ブームが来る日も近いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語