遺産争族第5話ネタバレあらすじと感想、第6話の予告!動画はこちらから!

遺産争族、第5話に突入して家族の間のドロドロ状態も最大になってきました。
というか、5話ですからこういう展開になったわけです。
ここで大切なのが、あらすじが気になるところです。

スポンサードリンク

遺産争族第5話あらすじ

第5話のあらすじですが。
いよいよ、龍太郎が遺言状を作成します。
といっても、家族は立ち会うことはできません。

弁護士と医師2人が立ち会ったわけです。

でも、ここで終わったらさすがに面白くないのが遺産争族です。
月子の息子の正春が盗聴していました。
その結果、遺言状の内容が判ってしまいました。

その内容は全財産を寄付です。
というか、遺産をあてにしていた次女や三女はかなり、肩すかしをくらったというわけです。
長女の場合、お金に執着していないように感じます。

というか、夫のある専業主婦です。
一応、生活面は夫の稼ぎででなんとかなるからです。

それに次女のような浪費癖もないのでそれだけ、お金の執着が薄いわけです。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

三女が遺産にこだわる訳は?

今回、三女が遺産にこだわるわけが判りました。
どうやら、彼女には恋人がいるようです。
その恋人に遺産をあげたいようです。

でも、これって怪しさがぷんぷんしてきませんか。

というか、電話の相手ってひょっとして彼女のお金か目当てかもしれないんです。
絶対、相手に騙されている可能性がありそうです。

で、今回は月子の息子、正春がメインに動いていました。
いくら、家族立ち入りできない遺言状作成でも誰も盗聴器をしかけることはしなかったんです。
何故なら、それはやってはいけないルール違反だからです。

そのルールを正春が破ったのは家族のためです。
遺産を巡ってぎすぎすした家族を見て彼もたまらなかったんでしょう。
表面上、仲よくしててお互い、腹の探り合いをする家族。

正直、見ていて辛いです。
それに正春はカワムラメモリアルの社員です。

なので、葬儀の際の家族の争いも見ているわけです。
お金で争う家族なんて見たくない。

だから、あんな暴挙に出たのでしょう。
感情を爆発させて家を飛び出す正春。
泣き崩れる月子。


スポンサードリンク





感動します。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

カワムラメモリアルは社葬の予行練習

さて、話は変わって今回、カワムラメモリアルは社葬の予行練習です。
しかも、龍太郎の葬儀です。

ただ、危篤といっても龍太郎は生きています。
さすがにこれはまずいんじゃないかと思うんですが。

でも、葬儀会社の社葬だからこそ失敗は許されないんでしょう。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

遺産争族第6話予告

さて、次回はさらに家族に亀裂が出てくるんです。
全額、海外の医療団体に寄付。
といっても、その団体を決めるのは育夫に丸投げした龍太郎です。
その所為で家族の怒りが育夫に集中砲火。

さらに陽子が恒三に離婚の申し出。
おまけに育夫の父親が乱入

で、育夫が財産をください宣言

この展開についていくのもなかなか大変です。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる


スポンサードリンク





ドラマ遺産争族関連記事

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語