遺産争族第6話ネタバレあらすじと感想!遺産は全額寄付!第7話予告も

ドロドロと底なし沼にはまっていく遺産争族の第6話あらすじです。
さて、今回はドラマを見つつ、解説していきます。

スポンサードリンク

遺産争族第6話ネタバレあらすじと感想

いきなり、春の出奔です。

戻ってくるかと思いきや、会社も退職するようです。
月子さんがかなり、焦っていました。

ともかく、遺産は恐ろしいというのがこのドラマの根底にあるものなんでしょうか。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

遺産は全額、寄付に・・・

とにかく、前回で遺産は全額、寄付と遺言状にしたためられたわけです。

お金をあてにしていた三人の娘はびっくりです。

結局、龍太郎は遺産で争う家族を見ていられないのでしょう。

ただ、寄付という理由もなんだか、傲慢に感じられます。

元々、育夫が頼んだのはこれ以上、家族がもめないようにしてもらたいということです。
なのに、蓋を開けたら全額寄付。
しかも、育夫に丸投げ。

私のような傲慢な人間の金でも人さまの役に立つと言い放つ龍太郎。

ただ、家族に争わないために恵まれない人に寄付。

なんだか、上から目線の龍太郎の言葉にもひっかかりを感じます。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

スポンサードリンク





陽子は精神的にかなり追い詰められる

さらに怖いのが陽子です。
家の外で一体、何をやっているんです。
なんだか、家に放火しような雰囲気です。
恒三が出てきて未遂に終わったんですが。

遺産が寄付ということはやはり、屋敷も売却になってしまうんでしょうか。

陽子精神的にかなり追い詰められているようです。
というのも、彼女の心のより処は家だったからです。
屋敷も売却になったら家を出ていかなくてはいけないからです。

恒三は屋敷がなくなっても、マンションを購入すれば住むところにも困らないと説得したんですが。でも、思い出が詰まっている屋敷を失いたくないようです。

で、今回、カワムラメモリアルの葬儀は出なくて残念です。
というか、今回の場合、河村家の内情が大変だったからでしょう。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

次女、三女の動向は・・・

さて、三女亡き母の形見を持ち出そうとしていました。
このままだと無一文になってしまうので今のうちに家にある高そうなモノはもらっておこうと考えたわけです。

さらに次女は育夫に何かあった場合、遺産の寄付がなくなるかもと考えています。
なので、育夫をなんとか排除しようと画策しているみたいです。

なんだか、怖い展開にドラマに釘付けです。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

陽子が恒三に離婚の申し込み

そして、陽子が恒三に離婚の申し込み。
今まで夫にないがしろにされてきたという彼女の感情は真っ暗です。

それにあおられてか育夫が豹変してしまいます。

財産を全部、僕にください。

と龍太郎に申し出て第6話が終わりました。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

遺産争族第7話予告

次回、第7話では育夫が病院を辞めるようです。
なんだか、お金の亡者みたいで怖いです。
一体、どうなったんでしょう。

でも、そんな育夫を見た楓まで豹変してしまうんです。
家族の毒気に当てられてついにさわやかカップルが壊れてしまいました。

これから、遺産争族はどうなっていくんでしょう。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる


スポンサードリンク





ドラマ遺産争族関連記事

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語