サムライせんせい第6話ネタバレあらすじと感想!第7話予告も!

正直、現代にちょんまげんてと思っていたんです。
でも、案外、しっくりしているのがサムライせんせい半平太なんです。

スポンサードリンク

サムライせんせい第6話ネタバレあらすじ

今回は自分や竜馬が現代にやってきた地点で負傷して倒れている人間をみつけたところから始まります。
これは大変ととりあえず、理央のお店に運んだら、彼は理央の元夫だったという展開です。
最初はちょっと笑えるシーンもありました。

というか、昔は男からでないと離婚ができなかった時代です。
しかも、理央はたった一人で子供を育てていたんです。
当然、2人は夫婦だと思いこんでいたようです。
でも、すぐに否定されたんですが。

とはいうものの、理央の元夫はヤンキーでしかも、刑務所を出所したばかりだったんです。

そして、怪我して倒れていたのは五年前、抗争で負かした相手、猿川のお礼参りだったんです。
彼は家族まで危害を加えると脅されていたんです。

▲サムライせんせい目次にもどる

理央と彼女の娘が危ない。

しかも、お店にいた寅之助は猿川にぼこぼこにされてしまいました。

ただ、幸い、理央の娘は佐伯の塾にいて大丈夫でした。

しかし、娘の安全を確認した理央が猿川にさらわれてしまいました。
おまけに一緒にいた半平太までとばっちりを受けて負傷してしまいます。

というか、スタンガンにスプレー攻撃
さすがに免許皆伝でも現代の武器にはたちうちできないんです。

しかも、大勢で攻撃する卑劣なチンピラ。

ただ、このままでは理央が危ない。

理央の元夫は飛び出してました。
自分自身でなんとか解決するつもりです。
でも、相手は大勢でどんな卑劣な罠をしかけてくるか判りません。

半平太も加勢するために出て行きます。

▲サムライせんせい目次にもどる

坂本竜馬も平成の世にタイムスリップ

で、ここで気になるのが実はタイムスリップしたのは半平太だけではなかったのです。

あの坂本竜馬も暗殺後、平成の世にタイムスリップしていたんです。
ちなみに彼は半平太が切腹してから二年後に暗殺されたんですが。
何故か、半平太より一年後、平成の世にきていたんです。

なので、平成の世に染まりきっています。
正直、見た目、ちゃら男です。

その彼が半平太に加勢しました。
坂本竜馬は北辰一刀流、こちらも免許皆伝です。

なので、2人が揃ったら無敵です。

でも、猿川のトドメは理央でした。
というか、彼女もレディースだったんです。
彼女の紅のメリケンサックがうなりを上げました。

▲サムライせんせい目次にもどる

サムライせんせい第7話予告

さて、次回なんですが。
坂本竜馬がネックになります。
とにかく、一年前から平成に来ている彼なんです。
一体、何を過ごしてきたんでしょう。

何故か、警察も来て彼も何者かに拉致されてしまいました。

なので、坂本竜馬の動向が気になります。

▲サムライせんせい目次にもどる

サムライせんせい関連記事

▲サムライせんせい目次にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語