遺産争族

遺産争族第7話のネタバレあらすじと感想!第8話の予告も

更新日:

スポンサードリンク



とうとう、河村家の毒気に当てられて婿が乱心してしまいました。

「遺産争族」第7話です。

遺産を僕にください。
これを聞いてぽかんとする龍太郎の顔。

 

 

遺産争族第7話のネタバレあらすじと感想

育夫は何がしたいのでしょう。

 

でも、龍太郎は育夫の言う通り、遺言状を書き換えたんです。

 

さて、話は変わり、陽子はかなり、鬱憤を貯めていたようです。
恒三が何かをするたびに離婚届けを役場からもらっていたのです。
これでいつでも離婚できる、それで恒三への不満をおさえてきたからです。

 

別れると言い張る陽子に恒三は戸惑います。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

熟年離婚

熟年離婚、特にいきなり妻から離婚届けを突きつけられた夫の心境です。

 

今回、カワムラメモリアルの葬儀は孤独な老人の葬儀です。
妻と離婚し、子供とも絶縁状態の男。
幾らか蓄えがあるので葬儀費用の心配はなさそうですが。
おそらく、会葬者も殆どいない寂しい葬式です。

 

なんだか、恒三もそうなりそうで不安です。

 

さて、育夫に全財産が渡ると知って陽子たちは戸惑います。

 

恒三との離婚もそのショックで立ち消えになりそうな気配です。

 

ただ、育夫に全財産渡すと書いてあっても全て、育夫が相続するわけではないんです。
恒三は長年、葬儀会社を経営しているだけあって遺産分配について詳しかったです。
考えてみたら当然のことなんですが。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

 

陽子たちの画策

でも、肉親の自分達より育夫が相続する金額が大きいことに不満をもつ陽子たち。

 

なんとかして育夫に財産が渡らないように画策するのです。
陽子は育夫の母親に接近します。
さらに月子は病院に育夫の中傷メール。

 

といってもどれも相手にされていなかったようですが。

 

で、最後は育夫の母が乗り込んできました。

 

といっても、陽子にあれだけ、嫌味を言われたら母親にとってたまらないでしょう。

 

▲ドラマ遺産争族目次にもどる
 

スポンサードリンク





 

遺言状として認められない?

さらに退院した龍太郎を交えてもう、家の中は泥沼状態です。

 

月子の息子の正春が出て行った気持ち、よく分かります。
でも、彼もこのまま、出てこないんでしょうか。
できたら、何もかも解決した後に戻ってきてほしいです。

 

ただ、恒三が書き直した遺言状が無効だと言い出しました。

 

というのも、遺言状は育夫が捺印したものだったからです。
この場合、遺言状として認められないのです。
しかし、この場合にも例外があったんです。

 

というのも、書いた人が病院に入院している場合には例外が認められるのです。

 

ただ、そのことは龍太郎も知らなかったようです。

 

でも、遺言状が有効なことで河村家の人達は焦りだします。
そして、楓に育夫と別れるように説得するんです。

 

でも、「ありがたく頂いて育夫と贅沢な生活をする」という宣言をするのです。

 

ついに楓まで変貌してします。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

遺産争族第8話予告

さて、いよいよ、「遺産争族」もファイナルに入ってきました。
この泥沼劇についに幕が降りる時がやってきました。

 

変貌してしまったさわやかカップル。

 

2人に対抗するためにいがみ合っていた彼らは団結します。

 

果たして、最後に笑うのは一体、誰なんでしょう。

▲ドラマ遺産争族目次にもどる
 

スポンサードリンク





 

ドラマ遺産争族関連記事

▲ドラマ遺産争族目次にもどる

 

 

-遺産争族

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。