河合行雄のwikiや経歴!ミニチュアドールハウスの値段や購入方法は?どこで買える?


女性ならば、誰もが昔はリカちゃん人形などでおままごとをした事があるんじゃないでしょうか?

その時の人形の家や洋服は、少女の心を購買意欲へと掻き立てました(*^^*)

f5j4465sf4j684出典:http://www.dollshouse.co.jp/

そんなミニチュアドールハウスがもし本格的になって、目の前に現れたらどうします?

可愛い!とかうわぁー!と黄色い悲鳴が聞こえそうですよね(^.^)

そんな女性ならば誰もが憧れるミニチュアドールハウスを作っているのが、河合行雄さんという方です。

彼は、超本格的なドールハウスを作っています。

河合行雄のwikiや経歴

河合行雄さんは、元々はアパレル会社で働いていました。

そして実家が経営する金属プレス工場を継ぎました。

ミニチュアドールハウスを作ったのは、彼の奥さまが趣味で通うミニチュアドールハウスの教室がきっかけでした。

奥さまが、金属の鍋を作ってと言ってきました。

そして、本格的な鍋ができて大好評!そこからミニチュアの世界に入っていきます(^_^)

彼の作品は、写真を撮れば本物だと見間違えそうな作品です。

厨房には鍋や食材が並び、まるで人間が本当に動いていそうな雰囲気です(^.^)

そして、アパレルで働いていたためか色彩感覚やインテリアがハイセンスです(^^)d

パリのおしゃれなカフェに迷いこんだような錯覚になります。

日本だけではなく、ヨーロッパなど海外からの注文もあるみたいですよ(^○^)

ヨーロッパと言ったら、本格的なものやおしゃれな物がたくさんある地域ですよね。

そこで高く評価されているんだから、やはり彼の作品は凄いです。

▲ミニチュアドールハウス目次にもどる

ミニチュアドールハウスの値段や購入方法は?

こういったミニチュアドールハウスの作品は、私たち一般人にも買えます。

どこで買うのかというと、東京都荒川区にあるミニチュアドール製作工場で購入ができます。

または、工場が運営する「ミニ厨房庵」というインターネット通販で購入ができます。

荒川区まで遠くていけない!という人も買えるのです。

通販サイトでは商品が載っているのですが、全て本物ではなくてミニチュアなので注意してくださいね(^^;

値段はナイフが648円中華鍋が約3000円と本物の調理器具とあまり変わらない値段です(^_^)

大きさは10円玉と一緒か、それよりも小さいものですが、ミニチュアは手作りなので値段はそれなりにします。

そしてエスプレッソマシーンやおでん鍋というものまであり、本当にたくさんの商品が並んでいます。

河合行雄さんの作品は、人形遊びに留まらないぐらい本格的なミニチュアです。

女性ならば、絶対に欲しくなっちゃいます(^_^)

▲ミニチュアドールハウス目次にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
一眼レフ用語