高橋昴也選手の出身はどこ?球速がすごい!得意な球種や両親・兄妹について

まだまだ、ドラフト会議は先なんだけどすでに注目されている大型選手。
それが高橋昴也選手なんです。

6v46df5b2da16出典:http://www.sanspo.com/baseball

去年の夏の甲子園、選手が三年生ばかりの中、二年生で活躍したんです。
確かに二年生で甲子園で活躍する選手、これまでもいなかったわけじゃないんですが。

とにかく、高橋昴也選手にロックオンしちゃいました。

スポンサードリンク

高橋昴也選手のプロフィール

彼は1998年9月27日生まれの埼玉県出身です。
身長179センチ、81キロ。
その体格から繰り出される球速MAX145キロです。

しかも、左で投げるんです。

というか、野球では左利きの投手がいいんです。

何故なら、殆どの人が右ききだからです。
なので、左利きの投手が投げるボールは打ちにくいわけです。

だから、左利きの投手が重宝するわけです。

しかも、高橋昴也選手はまだ高校二年生。
まだまだ、野球選手として成長が見込めるみたいです。

▲高橋昴也選手目次にもどる

スポンサードリンク


高橋昴也選手の球種について

高橋昴也選手の能力を解説しましょう。

球速最高145キロ。
でも、投げれる球種はストレートだけではありません。

カーブ、スライダー、フォークを武器にしています。
というか、速球だけだと目が慣れたら打たれることもあるのです。
でも、カーブ、スライダー、フォークを使い分けて投げたら打たれる危険はぐんと減るわけです。

しかし、一試合19奪三振もやっているんです。
本当に将来が楽しみです。

花咲徳栄高校、埼玉大会7試合でリリーフ登板。
で、これは大型新人が出てきたものです。
なんでも、二年生で春の東海大仰星との練習試合で15奪三振でノーヒットノーランを達成したんです。
夏の大会では初戦で2イニングに登板し5奪三振に抑えたそうです。

それに球速最高145キロとなっていますが。
週刊ベースボールに掲載されていたのはMax153キロです。

▲高橋昴也選手目次にもどる

高橋昴也選手はプロ志望?それとも大学?

さて、高橋昴也選手の進路はどうなるんでしょう。
というか、今年のドラフト会議の目選手の一人になりそうな彼です。
だからといって使命されてもプロに入るかどうかは本人次第です。

プライベートに高橋昴也選手に兄弟がいるかなんですが。
調べてみたんですが、見当たらなかったです。

というか、高橋昴也選手としてのデーターが多かったんです。
なので親御さんのこともシークレットみたいです。

といってもこれは当たり前ですよね。

さて、実際のところ、今年のドラフト会議はなかなか、豊作だと言われています。
高橋昴也選手もそうなんですが。
実力のある選手を見付だすためにもすでにスカウトは動きだしています。

当然、高橋昴也選手もスカウトのリストの中に入っているみたいですね。

▲高橋昴也選手目次にもどる

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語