高田翔くんの舞台での活躍!劇団四季での経験がすごい!

最近まで放送していたドラマ『サイレーン刑事×彼女×悪女』に出演されていた、高田翔くん。

圧倒的な存在感でしたね。

見た目は、ジャニーズっぽくないワイルドな感じも話題ですよね。

スポンサードリンク

劇団四季で活躍

高田翔くん、2007年までは違う事務所にいて、劇団四季のミュージカル『ライオンキング』ヤングシンバ役として活躍されていました。

すごいことですよね。

劇団四季で活躍できるのは本当に選ばれた人間だと思います。

あの声量ももちろんのことですが、演技力に加え、歌も重要視されます。

その実力があるのなら、高田くんは歌も抜群のはずなのに、彼は俳優として活躍してますね。

それを考えると、第2の生田斗真さんと言われていると言うのも納得できますよね。

高田翔くんが注目されたきっかけのドラマは?

彼が注目されたきっかけは、2008年のあさのあつこさん原作でNHKで方がされたドラマ『バッテリー』主役でピッチャー役は同じ事務所の中山優馬くんでした。

そのキャッチャー役、準主役が高田くんでした。

二人とも可愛かったですね。

ドラマの中で、優馬くん演じる原田巧がいじめにあったりした時も、なかなかうまく野球ができなかった時も側で支えていたのが、高田くん演じる永倉豪でしたね。

主役の優馬くんと変わらないぐらいの存在感でしたね。

その役のために丸坊主にした高田くん。

個人的感想ですが、頭の形キレイでしたね。

優馬くんは残念ながら(?)丸坊主にならなかったので、同じ事務所の高田くんが丸坊主にしたのには驚きました。

ドラマ終了後も、ジャニーズの野球大会で抜群のキャッチングを見せてくれました。

イケメンで運動神経がいいなんて最高ですよね。

続々とドラマに出演!

その後も、『本当にあった怖い話』『チームバチスタの栄光』『仮面ティーチャー』など、難しい役も演じてきた高田くん。

私が驚いたのは、『GTO』の演技でした。

台詞が少ないながら、寡黙な秀才役をなんなくこなしていた高田くん。

菊池善人役を見事にやりきれました。

尊敬している先輩は?

尊敬している先輩が、KinKi Kidsの堂本剛くんKAT-TUNの亀梨和也くんだそうで、二人とも演技派ですものね。

高田くんが、二人のその演技力で尊敬しているのかはどうかは分かりませんが、演技をするのが好きだと言うことはよく分かります。

まとめ

でも、やはり、舞台に立っている高田くんを見て欲しいです。

劇団四季で身に付けた高田くんの演技を一番感じられるのは、舞台だと思います。

しばらくは、残念ながら舞台の出演はないようですが、彼の実力なら、SHOCK のような壮大なテーマの座長になることも夢ではないと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語