中島裕翔さんのデビューは母親がきっかけ?出身や誕生日について!Hey! Say! JUMP

中島裕翔さんは「半沢直樹」「デート?恋とはどんなものかしら?」などの数々のヒット作品に出演しており、幅広い年齢層の方に顔を認知されてきましたね。

最近ではNEWS加藤シゲアキさん原作の映画「ピンクとグレー」映画初主演をはたしています。

ではそんな彼がいかにして今の位置まで昇ってきたのかご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

中島裕翔さんのプロフィール

まずは彼のプロフィールです。

東京都出身で1993年8月10日生まれの22歳です。

母親が勝手にジャニーズに履歴書を送り、オーディションを経て2004年3月28日にジャニーズ事務所に入所しました。

その後Jr時代にはアイドル雑誌に登場後、ソロで表紙をかざったり、「エンジン」でドラマデビューとまさに順風満帆なスタートを切っていますね。

その後2007年9月24日にHey! Say! JUMPのメンバーとなり、同年11月14日に「Ultra Music Power」でCDを発売しました。

しかし、これがCDデビューではないのです。

その前に2007年4月に期間限定ユニットとしてHey! Say! 7が結成され2007年8月1日にCDデビューを果たしています。

中島裕翔さんの低迷していた時期

そんな順風満帆に活動を行ってきた中島裕翔さんですが高校1年生の時、仕事が激減してしまった時期があったそうです。

そこからは自分自身を見つめなおし、何事にも挑戦し仕事につながる趣味を増やしていったそうです。

今ではそんな趣味がしっかり仕事に繋がっていっているのでとても努力家な人だと言えますね。

その後は長身を生かし、モデルに挑戦したり、数々のドラマに出演しています。

その1つ1つの中で演技力を磨き着実に演技の幅を広げていっていると言えます。

「半沢直樹」で復活!

その中でも「半沢直樹」でのフレッシュな若きエリート銀行マン役はみなさんの記憶にも残っていますよね?この作品では演技力の高い俳優さんの中でも引けをとらないほどの演技力をみせてくれました。

ジャニーズだけどジャニーズぽくないそんな彼の演技力に今後も期待が高まっていることでしょう。

更にHey! Say! JUMPとしても2015年に24時間テレビでV6と共にメインパーソナリティを務め多くの人々に認知されていくことになりました。

人数が9人と多いグループで中々顔と名前が一致しない方も多かったと思います。

しかし各々が個々の仕事を増やし、切磋琢磨しあっていくことによってグループとしても個人としても更なる飛躍が期待されますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語