2016年バレンタインに子供への贈り物でおすすめのレシピをご紹介!

バレンタインは女性から男性へチョコを贈る日ではありますが、一年の行事として子供にチョコをあげたり、子供とチョコを作るのもいいですよね。

6xf4h6sf16s16出典:http://matome.naver.jp/

そこで、バレンタインに子供へ贈る贈り物でおすすめのレシピを紹介します(^-^)

スポンサードリンク

凝ったものよりも、ちょっとした工夫で簡単チョコ

子供が喜ぶチョコを考えた時、真っ先に浮かぶのが普段から子供が食べているものではないでしょうか?

凝ったチョコレートケーキや、材料にこだわったチョコにするのはいいけども、普段から食べているものでも子供は十分に喜びます。

特に小さな子供だと、珍しいものよりも知っているものの方が嬉しがります(^-^)

そこで、子供にあげるチョコでおすすめなのがビスケットやクッキーにチョコレートを塗ったものです。

ビスケットやクッキーは、市販のものを用意します。

そこに溶かしたチョコレートを塗り、ドライフルーツやナッツなどでデコレーションするだけで完成です(^_^)v

簡単なので、子供と一緒に作る事ができますよ。

チョコレートは、茶色や白、ストロベリーなどカラフルな色にすると見た目が鮮やかです。

子供は見た目が命なので、失敗しないでカラフルな可愛いチョコが出来上がります(^.^)


スポンサードリンク

チョコがNGならばクッキーで!

小さな子供の場合、チョコレートは虫歯の原因になるので食べさせていないという家庭もあると思います。

もしママ友の子供にチョコをあげたくて、チョコを許している家庭かよく分からなかったらクッキーをあげるといいでしょう。

ただし、その時は小麦粉アレルギーや卵アレルギーを子供が持っていないか確認しましょうね。

クッキーは小麦粉からも作れますが、クッキーミックスを使うと簡単に作れます。

クッキーミックスにココアパウダーを混ぜてチョコらしさを加えたりなど工夫すると、バレンタインっぽくなります。

おもちゃ入りサプライズお菓子

ちょっと反則で、サプライズ感を出したいのであればおもちゃをお菓子の中にいれてあげるという方法もあります。

生チョコの中に小さなおもちゃを仕込んであげたりなど、びっくりするサプライズになります。

ただし、おもちゃは清潔にしときましょうね。

おしり拭きやお手拭きできれいに拭いた後にお菓子に仕込むといいです(^-^)

そして、小さい子供はおもちゃが入っているのを知らないと、おもちゃを食べてしまうかもしれません(^^;

なので、子供と「なんのおもちゃが入っているかなぁ?」と遊びながらお菓子を食べるといいですよ。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語