カゴメトマトジュースに機能性表示で売上が倍増した!その言葉とは?

スポンサードリンク

カゴメトマトジュースに機能性表示

カゴメトマトジュースは食卓にお馴染みのジュースですが、このたびこのカゴメトマトジュースの商品説明に一言加えた結果、売上が急増したそうです。

1933年にカゴメトマトジュースは発売され、もう80年以上のロングセラー商品になっています。

これまでは、「ヘルシー」を売りに出した「リコピン」という表示で徐々に売上をあげていましたが、昨年より開始された「機能性表示」を説明文に追加したら一気に売上が3倍になったそうです。

その言葉とは、

「血中コレステロールが気になる方に」です。

血中善玉コレステロールを増やす健康表示をするだけで、今までとは比べ物にならないくらい売上が伸びたそうです。

6f54n64n dn64d6n46

出典:http://www.kagome.co.jp/

トクホの指定を受けるよりもクリアのハードルが低いため現在では223に及ぶ種類の商品が指定を受けています。

この機能性表示食品に関する情報は、「消費者庁」のページに掲載されています。

消費者庁:http://www.caa.go.jp/foods/index23.html

カゴメは22日、カゴメトマトジュースの外装に「血中 コレステロールが気になる方に 機能性表示食品」と表示し、2日から発売したところ、出荷量が前年同期比で3倍以上に増えたと発表した。同社は「トマトを 100%使用していることに加え、機能性表示を取得したことで、より健康意識の高い方に飲んでいただけるようになったことが販売好調の一因」と分析してい る。

機能性表示食品は、これまで国が許可する「特定保健用食品」(トクホ)と国の規格基準に適合した「栄養機能食品」に限られてきたパッケージへの機能性の 表示を、消費者庁に届け出るだけで、事業者の責任で科学的根拠を基に表示できるようにした制度で、2015年4月から始まった。

カゴメトマトジュースは、1933年発売された健康飲料。トマトに含まれる栄養素リコピンが体内の血中HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがある ことが報告されており、2日から機能性を表示して全国のコンビニエンスストア、スーパーマーケットなどで発売したところ、1月25日~2月14日の出荷数 が昨年と比べ328%を記録したという。

出典:<カゴメトマトジュース>機能性表示で出荷3倍以上に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160222-00000001-bizbuz-bus_all

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語