人物

海老名香葉子さんって誰?経歴は?林家三平の妻が時忘れじの集いに出席

投稿日:



スポンサードリンク

もう亡くなられましたが、落語家の初代林家三平さんの奥さまである海老名香葉子さんが東京大空襲の悲惨さを訴える集い「時忘れじの集いに」に家族と共に出席しました。

 

35fdn16dn16n1

出典:http://www.be-power.jp/

 

落語家の林家三平さんは有名なので知っている人も多いかと思いますが、その奥様については知らない人もいるかと思うので、奥様についてスポットライトを当ててみましょう(*^^*)

 

海老名香葉子さんの壮絶な過去

海老名香葉子さんは現在82歳です。

戦時中を生き抜いた方で、東京都墨田区の出身です。

 

当時は戦争が劇化したので、静岡県の沼津市に疎開しました。

その時に東京は大空襲に見舞われてしまい、家族6人を亡くします。

 

生き残ったのは、香葉子さんと1人の兄弟だけです。

戦後、家族がいなくなったので親戚中を渡り歩きます。

 

そして、亡くなったお父様の知り合いに引き取られて、その人の息子さんと結婚しました。

それが初代林家三平さんです。

 

三平さんを支える良き妻として、4人の良き母として暮らしていました(^_^)

しかし、初代林家三平さんが亡くなると大家族を切り盛りし、さらに落語家一家を絶やすまいと大変な苦労をされました。

 

そのお陰で、旦那さんの落語家一門は今でも存続しています(*^^*)

 

なぜ東京大空襲は大規模な被害を生んだ?

 

東京大空襲はみんな知っていると思いますが、なぜ大空襲とも呼べるような大きな被害を受けたのか知っていますか?

その原因はいくつかあります。

 

まず、アメリカの飛行機の進路です。

日本はアメリカの飛行機が日本に近づいているのを察知しました。

 

そのため警報器を鳴らしたのですが、進路がずれたので警報を解除してしまったんです(T-T)

その結果、多くの市民が逃げ遅れました。

 

また、当時のアメリカは日本の家屋を焼くように焼夷弾を家屋で燃えやすいようなものにしていました。

普通だと焼夷弾は、目標を燃やすために作られるものです。

 

しかし大空襲の時は、多くの被害がでるような散乱する焼夷弾が持ちいられたのでした。

それにより、避難した人も巻き添えになって亡くなったのでした。

 

つまり、アメリカは最初から民間人を殺すために空襲を仕掛けたと考えられます。

 

 

アメリカとの関係を考える

戦後の東京裁判では先勝国として日本を偉そうに裁きましたが、アメリカだって人道的な罪を犯しているんですよね( `д´)

 

海老名香葉子さんは、大量に人を殺すための兵器で家族を亡くしたのです。

日本は現在、アメリカと仲が良くて色々と協力していますよね。

 

アメリカの犬だなんて呼ばれています(*T^T)

 

犬だから憲法改正までしちゃうけど、言いなりになって本当に良いのか?と考えてしまいます。

 

 

-人物

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。