アマランサス 簡単ダイエット

アマランサスのダイエットにおすすめ料理のご紹介!雑穀の硬い粒は野菜スープでおいしく

更新日:

スポンサードリンク



アマランサスは雑穀なので、基本的にはお米と一緒に炊くというのが主な調理方法です。

だけども、ずっとご飯にアマランサスをいれて食べるだけだと味が単調で飽きてしまいますよね。

そこで、ダイエット中におすすめのアマランサス料理を紹介します。

 

アマランサスを炊いておく

アマランサスを料理に取り入れる前に、アマランサスを下ごしらえしておくのが必要です。

アマランサスは雑穀なので、固い小さな粒になっています。

これを食べれるようにするためには、レンジでアマランサスを炊きます。

 
まず、アマランサスを洗います。

茶漉しなどの網目が細かいものでアマランサスを洗うと、小さな粒がこぼれ落ちなくてグッドです。

 
洗ったアマランサスは、適量を容器に移します。

そして、アマランサスと同量か少し多いぐらいの熱湯を入れてラップをします。

 
それをレンジに入れて、1分ぐらい加熱するとアマランサスが水分を含んで色が薄くなります。
それか、アマランサスを熱湯で煮るのもありです。

 
これだけしておけば、アマランサスは料理に使いやすくなります。

 

アマランサス入りの豆腐丼

まず、熱したフライパンにゴマ油を引きます。

そこに、豆腐と椎茸をいれます。

 

豆腐は木綿がおすすめです。

絹だと水分が多く、あまり炒めるには向きません。

 

木綿豆腐をあらかじめキッチンペーパーなどで水分を切っておくのをおすすめします。
豆腐を大雑把に砕きながら椎茸と炒めたら、そこに炊いたアマランサスと醤油をいれます。

胡椒や塩、ミリン、日本酒、中華ダシなどで味を整えたら、温かいご飯の上に乗せます。

 

最後に青ネギを撒き散らすと、アマランサス入り豆腐中華丼の出来上がりです。

 

調味料は上に挙げたものを全部いれる必要はなく、必要ならば少しずつ入れていくという感じの方が好みの味になりやすいです。

 
この中華丼は、メインが豆腐なのでヘルシーです。

それにアマランサスをいれる事で、栄養価を高めながらもカロリーを抑える事ができます。

 

野菜スープにアマランサスを入れて栄養価をさらにアップ!

豆腐の中華丼に合わせて食べたいのが、野菜スープです。

豆腐の中華丼では椎茸とネギしか野菜が入っていないので、スープでしっかりと野菜を食べるのが美容とダイエットのコツです。

 
野菜スープは、小松菜や白菜、にんじん、豚肉などを適当に切り、中華だしや醤油、ショウガで味付けすれば野菜たっぷりスープが出来上がります。

 

ここにもアマランサスを入れて、さらにパワーアップしたスープにしましょうね。

-アマランサス, 簡単ダイエット

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。