気象 気象予報士

2016年の夏はラニーニャ現象のため猛暑!原因は?ラニーニャ現象とは?

投稿日:



これまで、異常気象が世界各地で発生していましたが、その原因は「エルニーニョ現象」のためです。

 

3dz5b315出典:http://matome.naver.jp/

 

2014年の夏に発生したのですが、1年以上経った今もずっとこの現象が続いているんです。

 

このエルニーニョ現象とは、何なのでしょうか?

 

発生している場所は、アメリカ大陸の中央付近、赤道上のペルー沖から太平洋の中央部にかけて海水温がいつもの年より3度高くなる現象が起きているようです。

 

これが原因となって世界各地に異常気象をもたらしていると言われています。

日本近海では、平均海水温が下がり、真夏でも気温が上がらず冷夏になります。このため気圧も不安定になり、雨が降りやすくなります。

 

2016年の夏はラニーニャ現象が起きる?

しかし、この現象も弱まってきており、海水温は平年並みに戻ると言われており、8月には逆に海水温が平均を下回りラニーニャ現象になると言われています。

 

6db6b11n5b出典:http://kids.gakken.co.jp/

 

エルニーニョ現象とは逆に日本では、気温が上昇し、夏には猛暑となるというわけです。

 

 

気象庁は11日、世界的な異常気象の原因とされる「エルニーニョ現象」が6月までに終息する可能性が高いとする監視速報を発表した。今回のエルニーニョは 14年夏に発生し、現在まで過去最長が継続している。太平洋赤道域東部の水温は昨年12月に基準値を3.0度も上回り、強さとしては過去3番目の規模だっ たが、今後は基準値に近づくと予測している。

だが、8月ごろに太平洋赤道付近の海面水温が平年より低くなるラニーニャ現象が発生する可能性が高いという。夏にラニーニャ現象が発生すると、日本付近では太平洋高気圧の勢力が強まり、平年より気温が高くなる傾向にある。【円谷美晶】

 

 

-気象, 気象予報士

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。