高校野球

山崎颯一郎選手のプロフィール!出身中学は?イケメンピッチャー|敦賀気比

投稿日:



スポンサードリンク

山崎颯一郎選手は、敦賀気比高校野球部に所属しています。

ポジションは、ピッチャー(投手)です。

 

65x4fn16x84fn出典:http://www.hb-nippon.com/

現在は、同高校の3年生で、今秋に行われるドラフト会議の注目候補として各球団が注目するなど期待が高まっています。

また、スポーツ紙などの各種メディアでは、1年生の頃から「敦賀気比高のエース」の表現で選抜高校野球や甲子園のシーズンなどは、マスコミを賑わせています。

これからは、国内の各球団はもちろん、メジャーリーグからも?視線を送られることは間違いない将来有望な選手です。

山崎選手は、石川県出身で、高校は、隣の福井県にある敦賀気比高校に進学しました。

また、甘いマスクか、「イケメン投手」の異名を持っています。

身長は188センチ、体重は80キロと高校生の中ではかなり長身です。

投打は右投げ、右打ちです。

また、ルックスがメジャーリーガーのダルビッシュ有投手に似ていることから「北陸のダルビッシュ」といわれています。

山崎選手が頭角を表したのは、昨年夏の甲子園で花巻東高校と対戦した時、先輩で日本ハム投手の平沼翔大の救援で登板しました。

この時、2イニングマウンドに上がり、球速は144キロをマーク、4奪三振という好成績を残しました。

山崎選手が野球を始めたのは、小学校3年生の頃でした。

地元石川県のリトルリーグに入団、当時からチームメイトの中でも長身で頭ひとつ抜け出ていたといいます。

最初からポジションはピッチャーではなく、キャッチャーやファーストなどを経験した後、ピッチャーとなりました。

中学校に入学すると同時に本格的に硬式野球を始めます。

中学3年生で始めて日本代表に選出され、2013年に世界少年野球大会に出場し、チームも優勝という好成績を収めました。

そして、甲子園の強豪校と呼ばれる敦賀気比高校に進学しました。

山崎選手は、長身であることでそこから投げ下ろすストレートは、将来的には球速150キロも可能であるといわれています。

2015年の明治神宮野球大会では、チームを優勝に導く活躍をしました。

また、先の選抜高校野球では、144キロの球速で完封勝ちをするなどめざましい活躍をしました。

山崎選手は、「選手は、冬にしか成長しない」という持論のもと、オフシーズンといわれる冬の間、筋トレなどで下半身の強化につとめてきました。

その成果が実りました。

山崎選手の活躍を一目見ようと、各球団のスカウト陣が甲子園に集結しました。

スカウト陣は、共通して「長身でバランスがいい」と絶賛していました。

今秋のドラフトが楽しみです。

-高校野球

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。