男性不妊で治療できる病院はどこ?【愛知編】

スポンサードリンク

男性不妊の症例について

現在、不妊治療をされている方の数は多いかと思いますが、その中で「男性不妊」に悩む方の数は年々増加傾向にあります。

主に精液検査によって分かる男性不妊と言われている代表的な症状が、精子の運動率が悪い「精子無力症」精液の中に精子が見当たらない「無精子症」精子の数が乏しい「乏精子症」精子はあってもその精子に異常が見られる「奇形精子症」になります。

男性不妊の原因について

男性が不妊に陥る原因は、ストレス、生活習慣、環境、遺伝子等様々ですが、女性不妊と比較しても症例が少なく、公にしにくいのが男性不妊と言われています。

最近では、なかなかお子さんが授からないご夫婦が、積極的に病院へ通う事で、初めて不妊の原因が男性側にあると判明するケースもありますが、男性不妊の場合、検査を受ける男性にとってもデリケートな問題になってくる様です。

その理由として、病院に通い治療が始まると会社を休まなければならない場合もあり、そう言った問題も考慮して検査に挑む必要があるので、腰が重く検査を受けられないケースも大変多いそうです。

もしも、不妊の原因が男性側にあったとしても、検査に前向きでないと発覚が遅れてしまう場合もありますので、お子さんを望むのであれば、原因を早く突き止める為にも、なるべくご夫婦で1つの問題と考えて検査を受けられるべきかもしれません。

男性不妊治療できる病院について

不妊治療では、治療を開始する年齢は早ければ早い程良いと言われており、どちらに原因があるのか早期に発見して対策を行う事が重要なポイントになってきます。

そこで、積極的に男性不妊の治療を行っている、愛知県内の病院を幾つかご紹介させて頂きます。

おち夢クリニック名古屋

愛知県名古屋市丸の内にある病院です。

場所が地下鉄桜通線久屋大通駅から直ぐですので、お仕事の帰りにも通う事ができます。

こちらの医院ではからだにやさしい自然周期体外受精を行っており、勉強会も開催しています。

不妊治療が初めてのご夫婦ならば、勉強会に参加されてから不妊治療への理解を深め、安心して不妊治療に挑めます。

成田病院

愛知県中区大須にある病院です。

地下鉄鶴舞線大須観音駅から徒歩3分の場所にあり、こちらも体外受精の勉強会を随時開催しています。

ホームページには一般不妊および高度生殖医療料金の具体的な費用も書いてあります。

やはり、不妊治療にかかる費用が気になるところですが、費用の面でも安心して治療に挑めるかと思います。

男性不妊にも積極的な病院で、開院したのは昭和18年ですので不妊治療に関してベテランの医師が多く在籍している印象です。

八事レディースクリニック

愛知県天白区にある病院になります。

こちらの医院では、男性不妊に関して泌尿器科とも連携していますので、より詳しく原因を追求する事ができます。

また、精巣上体精子を回収するMESAや、不育症の治療も積極的に行っています。

検査内容についてもしっかりと説明を受けられますので、きちんと治療方針に納得した上で男性不妊治療に挑みたいと言う方にオススメの病院になります。

つつじヶ丘ウイメンズクリニック

愛知県豊橋市にある病院になります。

こちらの病院は豊橋市に初めてできた不妊治療専門の病院になります。

不妊治療を行う前に、問診でご夫婦がそれぞれどの様な治療を希望しているのか、きちんと聞いた上で無理の無い治療を開始しますので、メンタル的にも不安定になりがちな不妊治療において、安心して治療を受けられる病院かと思います。

こちらの病院も詳しい費用が書かれていますので、不妊治療にかかる費用の目安が立てられますので、病院選びの参考にされると良いかもしれません。

可世木レディスクリニック

愛知県一宮市にある病院になります。

JR・名鉄一宮駅より徒歩5分の場所にある病院ですので、アクセスがとても良いです。

不妊治療に陥りがちな確率や、最先端医療に拘らず、バランスの良い治療を目指している病院ですので、本当に自分に合った治療を見つけられるかと思います。

こちらの病院は名古屋・栄にもありますので、共同で治療を進められるのが特徴です。

男性不妊まとめ

愛知県で男性不妊治療が受けられる病院は他にもありますが、病院の雰囲気、治療方針、費用、通いやすさ等を比較して、病院を探されると良いかもしれません。

また、ご夫婦で相談しながら、無理なく安心して治療を進められる病院を選択していきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

一眼レフ用語