結婚式

結婚式の簡単な余興について!一曲歌う?ムービー?ダンスなど

更新日:

スポンサードリンク



結婚式の余興で一番、ポピュラーなのは歌を歌うことです。

実際のところ、余興を頼まれるとつい、歌が一番手ごろです。

それに歌なら親戚のおじさん方も率先して歌います。

 

最近は披露宴会場にカラオケ装置は必ず、あります。

ちなみに知り合いの結婚式では新婦の父親の代わりに歌を歌う親戚のオジサンがいました。

 

couple-260899_640

 

しかも、ギターを持ち込んで一人が演奏して一人が歌うというモノでした。
ただ、この場合、ヘタだと聞いているほうは苦痛なんですが。
うまいんです。

 

なんでも、そのオジサン達は親戚の結婚式で必ず、余興で歌を歌うんだそうです。

突然、余興を頼まれたら歌を歌うといってもやはり、悩むはずです。

 

何故なら、結婚の余興にぴったりな歌は沢山あるからです。

とはいえ、披露宴会場に備え付けられているカラオケには大抵、その手の歌がずらりと並んでいるはずです。
よほど、マイナーでない限り大抵、歌うことができるはずです。

 

ただ、人気のある歌は披露宴で何回も聞くこととなりうんざりすることもあります。

友達が多いとその反面、結婚式に招待されることも多いです。

スポンサードリンク


 

他にも結婚式には親戚の方も参加するはずです。

というか、友達よりも親戚や知人が圧倒的に多いはずです。
だから、参加者の年齢もまちまちです。

 

なので、余興で歌う歌も年代によって変化するのではないでしょうか
年代における歌について見てみました。

 

ちなみに十代、二十代はいきものがかりやMr.チルドレンとかです。
さらに嵐やAKB、いわゆるアイドルソングです。

 

30代や40代なら福山雅治やなんだか、しっとりとした歌です。
確かにこのくらいの年代になると社会で一定の地位にあります。

 

なので、なかなか羽目がはずせないかもしれません。

 

50代、60代、実際、この年代はなかなか、歌う人も少なくなります。
というのも、結婚式は大半が若い年代です。
なので、ついつい照れてしまうわけです。

 

でも、歌うとしてたら長渕剛の乾杯やチェリッシュのてんとう虫のサンバや郷ひろみのお嫁サンバ。
正直、結婚するカップルも聞いたことがない曲です。

 

つまり、自分たちの世代で結婚式の時によく歌われていた曲なんですね。

 

微笑ましいんですが。
ちょっと、気恥ずかしいかもしれません。

 

ただ、結婚式は二人の門出でもあります。
だからこそ、とっておきの歌で送り出してあげたいじゃないですか。

 

結婚式に歌なんて定番すぎるなんて思っていないで、自分なりの歌で二人を祝ってあげましょう。

スポンサードリンク


 

結婚式の今ドキ情報!

 

-結婚式

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。