夏休みの宿題

夏休みの工作で小学生女の子低学年(1年生・2年生)版!牛乳パックで貯金箱を作ろう!

更新日:

スポンサードリンク



夏休み真っ盛り・・・

夏休みの宿題も後半の追い込みの次期ですね。

子どもたちはまだまだ楽しんでいることでしょう。

しかしお母さんたちはそうではないかもしれません。

なんていったって、夏休みには「宿題」があります。

 

【今スグできる!夏休みの宿題関連記事】

 

宿題は子ども自身が行うものですが、小学校の1年生や2年生などの低学年の場合、どうしても親が手伝ってあげなければなりませんよね。

 

夏休みの宿題の内容については学校によって様々ですが、ほとんどの小学生に共通している宿題があります。

 

それはずばり「工作」です!

 

小学生の頃、「工作の宿題」に泣かされた経験のあるお母さんたちもいるかもしれませんね。

 

発想力の豊かな子どもには簡単な宿題でしょうが、なかなか「アイディアが浮かばない」「どうやって作ったらいいのか分からない」そんな人もいると思います。

 

お母さんたちも、どんなものを作らせたらいいのか迷ってしまいますよね。

スポンサードリンク



▲夏休みの工作目次にもどる

牛乳パックでできる簡単な貯金箱

ここでは、小学1年生や2年生の女の子向けの夏休みの工作、

「牛乳パックでできる簡単な貯金箱」の作り方をご紹介しちゃいます!

 

35x1fn6xhmn168

 

【用意するもの】

・牛乳パック2つ
・わりばし1本
・紙粘土
・わた
・モールやビーズなどの飾り
・カッターナイフ
・工作用のボンド

 

作りたいものによっては、綿の他にも折り紙や絵の具などを用意してもいいでしょう。

ここでは、女の子に人気の動物「ウサギの貯金箱」を作ります。

▲夏休みの工作目次にもどる

貯金箱のベース部分の作り方

ここでは、牛乳パックは「横向き」にして使います。

出来上がりのイメージとしては、ウサギが寝転がっている感じですね。

 

1.牛乳パックの1つは、側面(長いところ)を1面だけカッターナイフで切ります。

この牛乳パックを(A)とします。

カッターナイフを使うのは小学校低学年の子には危ないので、保護者の方が手伝ってあげてください。

 

2.もう1つの牛乳パックは、側面を1面と底面をカッターナイフで切ります。

この牛乳パックを(B)とします。

 

3.(A)の底面に、わりばしをくっつけます。

このわりばしが、お金を引き出すときの取っ手になります。

 

4.(A)に(B)を重ねます。

このとき、(A)につけたわりばしを引っ張ることで、牛乳パックがスライドすることを確認してください。

 

5.(B)の上部分に、お金を入れる「穴」をカッターナイフで入れましょう。

これで、貯金箱のベースは完成です。

▲夏休みの工作目次にもどる

貯金箱をデコレーションしていきましょう

牛乳パックで貯金箱のベースが完成したら、いよいよ「好きなデザイン」にデコレーションしていきましょう。

 

ここでは作るものが「ウサギ」でしたので、紙粘土とわたを使います。

 

紙粘土をこねたら、牛乳パック全体が隠れるように紙粘土をくっつけていきましょう。

 

(A)と(B)の牛乳パックを重ねた状態で行うと、全体のバランスが良く仕上がると思います。

 

紙粘土が少ないと、乾いたときに「ひび割れ」てしまうので、紙粘土はたっぷり使うといいですよ。

 

牛乳パック全体を紙粘土で覆ったら、ウサギの顔の部分やチャームポイントでもある「耳」も紙粘土で作っていきましょう。

紙粘土をくっつけたら、紙粘土が乾くまで2日~3日ほど待ってくださいね。

 

紙粘土が乾いたら、ウサギのふわふわ感を出すために全体にわたをつけていきます。

わたをちぎって、ボンドを少しつけて紙粘土につけていってください。

自分の好みのウサギになるように、わたの量は加減してくださいね!
女の子らしく、モールでリボンを作ったり、ビーズやスパンコールで飾りつけをしてもいいと思います。

 

ウサギの「目」は、ボタンを付けてもいいですし、余った紙粘土を丸くして色を塗ったものでもいいですね。

 

この辺は、お子さんの好みで良いと思います。

▲夏休みの工作目次にもどる

注意すること

この牛乳パック貯金箱には、注意する点がいくつかあります。

 

それは

・紙粘土をつけるときに、重ねた牛乳パックの「つなぎ目の部分」に紙粘土をつけないようにすること

・お金を入れるための「穴」を、紙粘土で塞がないようにすること

の2つです。

 

牛乳パックのつなぎ目をくっつけてしまうと、牛乳パックがスライドできずにお金が取り出せなくなってしまいます。

 

お金を入れるための穴がなくなっては、貯金箱としての役目を果たせませんね。

 

牛乳パックでベースの部分を作ったら、あとは「作りたいもの」の形にしていくだけという、とても簡単な貯金箱です。

 

危険なものはカッターナイフだけですし、「白い動物」にすれば絵の具なども使わずにすみます。

 

わたは付けなくてもいいのですが、わたを付けることで「ウサギのふわふわ感」を出せたり、「紙粘土のひび割れ」をカモフラージュすることもできるので、低学年の子には「わたを付ける」ことをおすすめします!

 

ただ、あまりにもわたを付けすぎると、ウサギではなくアルパカのようになってしまうので気を付けてくださいね。

 

スポンサードリンク



▲夏休みの工作目次にもどる

まとめ

とても簡単なので、ぜひ夏休みの工作に取り入れてみてください!

小学校低学年の子でも作りやすいアイディア、使いやすい材料ばかりなので、おすすめですよ!

 

夏休みの宿題・自由研究はコレで解決!

 

 

-夏休みの宿題

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。