夏休みの宿題

夏休みの工作で悩む女の子向け(1・2・3・4・5・6年生)の体験談!

更新日:

スポンサードリンク



夏休みの工作の宿題は悩みますよね

私は毎年夏休みが来る度に工作の事で悩んでいます。

何を作ろうかと、、子供よりも親の方が悩んでます。

今年は次女は小学四年生になる為四年目になります。

 

【今スグできる!夏休みの宿題関連記事】

 

次女の一年生の時の工作は・・・

一年生の時にはお友達から教わりながらも何も書いていないうちわを買ってきてマスキングテープを利用して飾りをつけたりして、真ん中に私と撮った写真を貼りました。

 

お姉さんが当時六年生だったので、初めての工作はお姉さんと一緒に楽しみながら作りました。

 

お友達がマスキングテープを利用して色々作ってるのを教わりながら作ったので楽しめる事が出来ました。

 

工作って本当に何作ろう、って悩みがちですよねぇ。

初めての工作は本当に楽しかったようです。

 

スポンサードリンク



▲夏休みの工作目次にもどる

二年生の時は折り紙

二年生の二回目の工作も本当に悩みました。

 

本を見て何を作ろうかと悩んだり、インターネットで調べたりと本当に悩んでました。

悩んでばかりいる私です(笑)折り紙を折るのが大好きな娘。

 

a1180_014784

 

色んなのをひたすら折り続けました。

チューリップを折ったり、鶴を折ったり、切り絵を作ったり、と様々な折り紙が出来上がりました。

 

そのひたすら折ったり切り絵にしたのを色画用紙に貼って絵本にしました。

インターネットで調べたふなっしーの折り方も見ながら折りふなっしーが出来ました。

▲夏休みの工作目次にもどる

三年生ではペットボトルで作成

三年生の夏休み工作ではペットボトルの貯金箱にしました。

簡単そうに見えて難しかったです。

 

インターネットや本を頼るのは良くないなぁって思いつつも頼ってしまいまして(泣)そして今年は四年目!何を作ろうかと今から悩んでます。

▲夏休みの工作目次にもどる

そして4年目の今年は・・・

低学年の夏休み工作は親がお手伝いしましたが、今年からは自分一人で作りたいとお話されてましたので、、あと一ヶ月で夏休みが始まりますので今から何を作ろうかと娘と考えたいと思います!!

 

次は、長女の6年間の体験談

今までお話してきた工作の体験話は次女の話でした。

今度は長女の六年間の話をしたいと思います。

 

長女が一年生になり初めての夏休みで何もかもが初体験でした。

工作も初めてで私自身小学生の親になるのも初めてでしたので何を作ろうかと迷っていました。

 

実家の母に相談したら、折り紙を利用したら?と話しになり、早速折り紙を買ってきました。

 

折り紙とにらめっこした結果、、
花火大会があったので、それを折り紙を使用してただの絵だとつまらないので折り紙で花火大会の思い出を表すことにしました。

 

画用紙に私と実家の母と次女(妹)を折り紙で作りそれを貼って折り紙を適当にカットし花火を作りました。

 

二人で作業したので楽しかったなぁっという思い出があります。

 

二年生の夏休み工作は、私が小学校二年生の時に作った葉書入れが実家にあったので、それを参考にして葉書入れを作る事にしました。

 

私が作ったのはウサギの形でしたが、娘はくまの形にしました!!参考にして作ったが思ってたよりも上手く出来たので満足です。

それを今も利用してハガキを入れております。

 

三年生の時は工作ではなく習字を書きました。

 

四年生の時の工作はエコのれんを作りました。

エコのれんは、私の兄が小学生の時に賞を取り暫く廊下に飾られてました。

すごく時間がかかりますが、爪楊枝一個一個にくるくる巻にしたチラシをボンドで付け、それを30個糸に通します。

 

それを100個作るので合計3000個作ります。

取り敢えず、くるくる巻にしたチラシを先に作ります。

私も合間合間を見ては作りました。

 

休みの日も時間を見ては作り、夏休みの中間には出来上がりました!それを一個ずつ爪楊枝にボンドを付けてははめ込みの繰り返しをし、後半には30個糸に通したのが100個出来ました!
出来上がったのを次はつっかえ棒に結ぶのです。

 

兄が小学生の時は竹の棒だった様ですが、どこにでも使えるようにつっかえ棒にしました。

出来上がったのは、夏休み後わずかで終わる時でした。

 

今までで時間がかかって大変な工作でしたが家族でお手伝いした工作でしたので本当に今ではいい思い出になっています。

 

皆で頑張ったおかげで賞を取りました!賞って取ったことがなかったので長女はかなり嬉しかったようです。

 

それを大事に5年経つ今でも飾っております。

 

5,6年生の高学年になりますと工作よりも社会や理科に興味が出まして

 

五年生の時にはコンビニやスーパーに行き、店員さんに目標や頑張ってることを聞いてまとめていました。

工作には関係ありませんが社会見学をして自分で質問するだけでも凄く勉強になったと思います。

 

六年生の工作は、最初に書きましたが、次女が一年生の時にお友達の家で教わりながらやりました。

色画用紙に修学旅行での思い出の写真を自分の好きな形にカットしたり、写真をそのまんま貼ったりします。

 

貼り終わりましたらマスキングテープを利用して回りを飾ったりします。

 

マスキングテープをねじってちょうちょうの形にしたり、お花の形にと楽しみながら出来るので本当にオススメです!

 

それを何枚か作りまして、最後にマスキングテープで端を貼りますと自分だけのアルバムが出来ます。

スポンサードリンク



▲夏休みの工作目次にもどる

まとめ

最後になりますが、工作は子供だけで作るのではなくお手伝いしながら親子で楽しむ事がスキンシップもとれるのでいいと思います。

 

夏休みの宿題・自由研究はコレで解決!

 

 

-夏休みの宿題

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。