夏風邪

夏風邪で熱が出てしまった!早く治す方法とは?腹痛がある時は?

投稿日:

スポンサードリンク



一年の中でも、風邪をひくと厄介なのが夏です。

 

夏に風邪をひいてしまう原因は様々ですが、その中でも多いと言われるのが、エアコンや扇風機の風にあたりながら寝てしまった事により、全身が冷えてしまい、免疫力が低下して体調を崩してしまうと言うパターンです。

 

夏風邪が厄介なのは、熱が出てしまった場合に部屋の温度調整が難しいと言う事です。

 

夏風邪を早く治す方法

発熱があった場合には、真夏であってもエアコンをかけて部屋を冷やしてしまうのはあまり良くありませんが、あまりにも部屋が蒸し暑くて寝られないと言う場合には、エアコンを除湿に設定しておき、扇風機を弱にしてかけておきます。

扇風機の風が直接体にあたらない様にしてください。

 

そして喉が乾燥しない様に、ぬれマスク等をして寝る様にしましょう。

 

熱が下がる時には、当然寝汗もかきますので、マメにパジャマやシーツを取り替えましょう。

 

腹痛があるときは?

もしも、お腹を壊したり、吐き気がある場合、市販の胃腸薬や下痢止め等を服用される方がいらっしゃるかもしれませんが、夏風邪は冬の風邪と同様にウイルス性のものがほとんどです。

 

ウイルスは食中毒と同じで、体外に全て出しきってしまう事が鉄則です。

 

早く夏風邪を治したいのであれば、薬局等の市販薬を安易に飲まない様にして、病院で診察を受けた時に処方された薬を飲むようにする事が、夏風邪を早く治す近道になるでしょう。

 

夏風邪を早く治す方法「水分補給」

夏風邪には水分補給も重要になってきます。

暑さに加えて熱も重なり、普段よりも水分が体の外に排出され易くなりますので、スポーツドリンクや水をこまめに摂取する様にしてください。

 

また、喉が痛い場合には、ぬるめのしょうが湯にはちみつを加えて飲むと、体を暖めながらはちみつの殺菌作用により、喉を守ってくれますのでおすすめです。

 

食欲がない場合には、甘酒も効果的です。

甘酒は飲む点滴と言われる程、栄養満点のスペシャルドリンクです。

 

甘酒に含まれるのは、アミノ酸、ブドウ糖、ビタミン、葉酸を始めとする栄養成分になります。

 

夏風邪で体力が低下して食欲の無い時には、特にぴったりなので、温めるか常温のまま飲まれても、効率的に栄養成分を摂取できるでしょう。

 

夏風邪を早く治す方法「睡眠」

夏風邪を早く治す方法として、しっかりと睡眠をとり、体の免疫力を高める事がポイントになってきます。

夏と言うだけでも体は疲れ易く体力も消耗します。

 

もし夏風邪をひいていたとしても、一見気が付かない場合もありますので、なるべく体の変化に早く気が付き、対処される事をおすすめします。

 

-夏風邪

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。