夏風邪

夏風邪が長引く理由とは?大人でも高熱が出る原因は?

投稿日:

スポンサードリンク



夏と聞いて風邪のイメージはあまり無いかと思いますが、実は夏場に風邪をこじらせてしまう方は非常に多くいらっしゃるのです。

 

夏場はエアコンの効いた部屋に長く置かれていたり、冷たい飲み物や食べ物を多く取る機会が多くなります。

 

そして、体が冷えてしまう事で体の免疫力が弱まり、高温多湿の場所を好む、夏風邪のウイルスを貰いやすくなってしまうのです。

 

夏風邪が長引く原因は?エアコン、解熱剤

もしも夏風邪をひいてしまったら、どの様に対処するかによって、治りも違いますが夏風邪をこじらせてしまう方には、やはり共通の問題が隠れています。

 

まず、夏風邪をひいて熱が出てしまった場合ですが、体が暑くてついついエアコンで冷やそうとしてしまう方がいらっしゃいます。

 

熱の暑さにエアコンで対処してしまうと、せっかく熱を外に出そうとしてかいた汗が冷えてしまい、余計に熱が下がりにくくなってしまいます。

 

そして、全身が熱で暑いときには、体の中で免疫活性食細胞がウイルスと戦っている状態なので、エアコンで体を冷やしてしまうことや、早く治そうとして解熱剤を使う事も、あまりおすすめできません。

 

夏風邪のウイルスに限らず、風邪をひいてしまった場合に体を冷やしてはいけないと言われるのは、ウイルスが体温の低い状態で活発になるからであり、発熱する事は免疫機能を高めたり、ウイルスの働きを抑制してくれるのです。

 

夏風邪を長引かせないためには?

夏風邪を長引かせたくない場合には、エアコンで体温を下げようとせず、部屋の温度が高くてどうしても寝苦しいと言う場合には、扇風機が直接あたらない様にゆるくかける程度にして、氷のう等をつかっておでこや脇の下など部分的に冷やしてあげましょう。

 

その場合にも水分補給は忘れない様にしてください。

 

夏風邪が長引く場合に、パターンとして微熱がいつまでも続いていると言うケースがあります。

 

これは夏風邪は冬の風邪とウイルスの種類が違うと言うことも挙げられます。

 

夏風邪のウイルスは特殊?

夏風邪のウイルスには、お腹に留まってしまう事が多く、このウイルスを完全に排除する事がポイントになってくるでしょう。

 

しかも、夏風邪のウイルスにはこれと言った特効薬が見つかっておらず、それも長引く理由になっているのです。

 

夏風邪対策は休養・睡眠

夏風邪を治す方法として、免疫力を挙げる事が大切になってきますので、普段から遅くまで起きている方でも、無理をせずしっかりと休養をとり睡眠不足にならない様にしてください。

 

そして、食事やドリンク等からなるべく栄養を補給して、お腹が痛くなった時も、体がだるいからと我慢せずにトイレにいきましょう。

 

ウイルスは便からも排出されていきます。

 

 

まとめ

長引く夏風邪は、楽しい夏の予定を奪ってしまいますので、ひいてしまったら正しい方法で対処する様にしましょう。

 

そして、普段から免疫力を上げて、なるべく風邪をひかない様な生活習慣を心がけていきましょう。

 

 

-夏風邪

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。