夏風邪

夏風邪で腹痛が起こるのは夏風邪特有のウイルスのせい?そしてうつりやすい?

投稿日:

スポンサードリンク



夏風邪をひいてしまうと、気温の暑さも相まって、いつまでも全身がだるく、冬にひく風邪よりもしんどい気がしますよね。

 

それもその筈です、実際に夏風邪は治りにくく、微熱や咳がいつまでも続くのが特徴とも言われているからです。

 

夏風邪のウイルスとは?

夏風邪の症状には特徴があり、お腹が刺し込む様に痛くなったり、下痢や嘔吐をする等、胃腸系を中心に調子が悪くなると言われています。

 

しかし、何故夏風邪がお腹の調子を悪くしてしまうのか?それには、夏風邪特有のウイルスが関係しているのです。

 

まず、夏風邪のウイルスは冬にひきやすい風邪のウイルスとは全く種類の違ったものになります。

 

基本的に夏風邪のウイルスで代表的なものは「アデノウイルス」「エンテロウイルス」と言うものになります。

 

この二種類のウイルスには、特徴があり特に有名なのは「プール熱」に代表される、アデノウイルスによる、夏風邪になります。

 

プール熱の症状は?

プール熱の症状は、主に目や鼻、喉の痛みと言った、体の粘膜を中心に症状が現れるのですが、それと同時に頭痛や吐き気、腹痛、下痢も代表的な症状と言われています。

 

もしも、プール熱に感染してしまった場合には、高熱が出ることも予想されますので、水分をしっかりと取る事を心掛けましょう。

 

夏バテから夏風邪へ

夏風邪は、一見夏バテの体力低下と間違えてしまう事がありますが、夏バテから夏風邪へと症状が重くなってしまう事もあるので注意が必要です。

 

例えば、夏に海や川に遊びに行って、太陽のあたる場所で長時間遊んだ後に、エアコンの効いた部屋で眠ったり、オフィス等で常にエアコンにあたる事で免疫力が下がってしまった時は、夏風邪をひきやすくなってしまいます。

 

体がだるくなったり、お腹を壊して下痢をする、食欲が無くなる、微熱が出る等の症状が出た時は夏風邪かもしれません。

 

どうせ夏バテだと思って、対処が遅れてしまったり、無理をしてしまうと夏風邪が長引いてしまいます。

 

夏バテが長引く理由には、夏風邪のウイルスには特効薬が無いと言う事が挙げられますが、早い段階でしっかりと睡眠を取り、栄養価の高い食べ物や飲み物を摂取して、体の免疫力をあげる事ができれば、割りと軽い症状で済む事もあるでしょう。

 

夏風邪の予防は?

夏風邪は普段からの生活習慣を見直す事で予防ができます。

 

エアコンが効いた部屋や、気温差の激しい場所に出入りする時は、上着を用意しておいたり、冷たい飲み物や食べ物で体を冷やし過ぎない様に、できるだけ免疫力を高める生活をおすすめします。

 

-夏風邪

Copyright© なるほど!そうだったの , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。