自由研究の模造紙まとめ!書き方やサイズ(大きさ)工作の例の紹介も!


小学生や中学生の子供たちは、夏休みになるとたくさんの宿題が出されることでしょう。

その中のひとつに「自由研究」があります。

自由研究は夏休みの宿題の中でも最もやりがいがありますが、その分時間もかかりますよね。

14439708e51985b1dbd9c69c4f87268b_s

せっかく自由研究をしても、書き方が分からない!という人もいるでしょう。

お子さんが困っているとき、少しでも手助けができたらいいですよね?

今回は、自由研究を模造紙にまとめる!書き方やサイズ(大きさ)写真のレイアウトなどについて調べてみました。

自由研究のまとめ方は1つではありません。

ここでは、「模造紙にまとめる」ときの方法をご紹介しましょう。

そして、残り僅かな休み、ギリギリで作成した工作の例もご紹介しています!

【今スグできる!夏休みの宿題関連記事】

まずは下書きの書き方!

模造紙というのは、サイズ的にもとても大きいので、子供たちも興奮するかもしれません。

大きな紙に書くというのは、子供にとってとても楽しいものです。

しかし、いきなり模造紙に書くと十中八九失敗します。

文字の大きさやレイアウトの仕方など、初めてなら尚更です。

まずは「下書きの下書き」から始めましょう。

プリントの裏などでもいいので、模造紙を縦に使うなら縦、横なら横でだいたいのレイアウトを取っていきます。

この時点では、まだ書く内容まで細かく決める必要はありません。

「タイトル」「テーマの理由」など、それだけ書いてだいたいここまで、と鉛筆で線を引いておきましょう。

写真やグラフのところも、適当に四角く線を引いて「写真」「グラフ」と書いておけば大丈夫です。

また、「レイアウト」や「大きさ」などもおおまかに決めておきましょう。

▲自由研究の目次にもどる

タイトルを決めよう

自由研究のまとめ方でもっとも大切なところが、この「タイトル」です。

タイトルをどうつけるかで、回りの人に「見たい」「読みたい」と思わせられるかが決まるからです。

続きが気になるな

どんな自由研究なんだろう?

と相手に思わせられるような、一捻りあるタイトルを考えてみましょう。

▲自由研究の目次にもどる

自由研究のまとめ方

自由研究のまとめ方は、模造紙であっても画用紙やノートであっても、基本的には同じです。

書き方としては、

・自由研究のテーマ

・そのテーマを選んだ理由

・実験のやり方(道具、材料)、どんな方法で何を調べるのか

・実験結果の予想

・実験結果

・まとめ

・感想(予想と比べてどうだったか)や反省

・参考文献

といったところでしょうか。

基本的には、このような流れでまとめていけば問題ないと思います。

この内容を模造紙1枚にまとめるわけですが、やはり「実験結果」をもっとも充実した内容にするのがベストですね。

途中でペンが止まってしまわないよう、自由研究のテーマは「身近なもの」にするといいですね。

うちでは、小学2年の娘は、理科で習った「アイスの作り方」をテーマに自由研究をしましたよ!

身近なものや好きなもの、興味のあるものを実験テーマに選ぶことで、子供たちも「楽しくやる」ことができるようになります。

宿題だから仕方なく嫌々やるより、どうせなら楽しくやりたいですものね!

▲自由研究の目次にもどる

さあ!模造紙に書こう

だいたいの書く内容が決まったら、いよいよ模造紙に書いていきます。

最初は鉛筆で書きましょうね。

文字の大きさですが、メインタイトルをもっとも大きく、次いでサブタイトルとすると見やすいです。

紙が大きすぎて尻込みしてしまうときは、「下書きの下書き」を参考に大まかなレイアウトを模造紙に書き込んでみましょう。

タイトルはここまで、テーマの理由はここまで、と薄く線を引いておきます。

模造紙全体の4割ほどを実験結果に充てると、かなり充実した自由研究としてまとまると思います。

鉛筆で下書きをするとき、写真や図、グラフなどは実物を置いて同じサイズのスペースを取っておきましょう。

途中で文字が小さくなったり斜めになっていたりしないよう、時おり遠くから見てみるのも大切です。

▲自由研究の目次にもどる

マジックで仕上げ作業

自由研究をまとめるとき、あなたのお子さんは何を重視しているでしょうか。

「目立つこと」ですか?

「きれいにまとめること」ですか?

模造紙という大きな紙でまとめている時点で、自由研究は目立つものになっています。

ガムテープなどで壁に貼り付けてみると迫力満点です!

自由研究は「シンプルかつ分かりやすく」まとめることが鉄則なので、あまりにもカラフルにしすぎないほうが良いでしょう。

黒をメインに、赤や青などプラス2色くらいがおすすめです。

カラフルにし過ぎることで、分かりにくくなってしまうこともあるからです。

サブタイトルは枠で囲む、下に波線や二重線を引くなどでも十分目立ちますよ。

実験結果は、「調べたこと」に基づいて正直な結果をまとめましょう。

うまくいかないものがあってもいいのです。

もしうまくいかない、失敗してしまったとしたら、

・なんで失敗してしまったのか

・なぜこのような結果になったのか

を考えればいいだけです。

子供の自由研究というのは、「失敗の先に答えがある」ようなものですので。

図やグラフはきちんと定規を使って、丁寧に書きましょう。

ここをきちんと書くことで、自由研究全体がきちっと見えるようになります。

▲自由研究の目次にもどる

参考文献を書くのを忘れずに

子供の自由研究ではありますが、まとめた最後に「参考文献」や「サイトのURL」を書きましょう。

この記載があるだけで、一気に「ちゃんとしたもの」に仕上がりますよ!

本ならタイトルと著者、インターネットのサイトならタイトルとURLをメモしておいて、模造紙の最後に載せておきましょう。

次に、自由研究のまとめ方について小学生の低学年のころの私の娘の自由研究の体験した例を中心に書きたいと思います。

毎年休みが来る度に工作の事で悩み、何を作ろうかと、、子供よりも親の方が悩んでます。

▲自由研究の目次にもどる

次女が小学一年生の夏休みの自由研究でまとめた事

小学校で育てていたアサガオの様子をレポート用紙に書く事でした。

小学生になって初めての研究で凄くワクワクしていました!

夏休みが始まる前に学校から持ってきた時はらクラスで一番小さくてあまり育っていない事に次女はガッカリしていました。

morning-glory-620465_640

アパートに住んでるので育てる場所がなかったのでベランダに置いていました。

毎朝、児童館に行く前に水をあげていると、どんどん大きくなりました。

つぼみが増えてある朝、紫のアサガオが咲いていました。

そのアサガオが咲いた様子をレポート用紙に喜びながら書いてた事を今でも思い出します。

かなり嬉しかったのでしょう!

植物って大きくなると凄く可愛いので癒やされます。

お盆休み中に実家に帰省した時も枯れたら困るとアサガオを持って行きました。

実家に持って行った時も一生懸命アサガオの様子をレポート用紙に書いていました。

夏休みが終わり、学校にアサガオを持って行った時にお友達よりも大きくなっていたので凄く嬉しかったようです。

二年生になり、一年生はアサガオでしたが二年生は野菜を植える事になったのです。

野菜を育てるのはアサガオより大変でした。

次女は、ミニトマトとキュウリどっちを育てるか迷ったみたいですが、大好きなキュウリを育てる事にしました。

キュウリは途中まで学校で育てていましたがその時は大きく育っていましたが、、

しかし、途中で虫に食べられて次女はガッカリし、泣いていました。

自分で野菜を育てるって経験が無かったのですごく勉強になったんじゃないかと思います!

夏休みが始まる前に家に持って帰るのですが、その時には大きく育っていて虫に食べられたキュウリも跡形も無く消えていたので、次女曰く、誰かに食べられたのかな?なんって言ってましたが、今思えばカラスに食べられたのかなって思います。

持って帰って来たキュウリを一生懸命育てて朝に水をやってから児童館に行くという毎日でした。

三日坊主の次女でも頑張って毎日水をあげていました。

ある日、次女が喜んでいたのでどうしたの?と聞くと、お花が咲いたっと飛び跳ねて喜んでいました。

毎日頑張って水あげて良かったっと喜んでいました!

お花が咲いた喜びを次女はレポート用紙に書いていました。

相当嬉しかったのでしょ、、

夏休み中頑張って毎日水をあげていましたが花が咲くだけで終わり、実がなることはありませんでした。

そんな経験を生かし、三年生になってからは向日葵を育てて研究する事にしました。

小学校では授業中に皆で向日葵を植えてその向日葵を皆で育てるのです。

大きくなった向日葵は収穫して向日葵油にするのです。

子供達もお家で育てるので、研究をしながら育てる事にしました!

夏休み中、育てようと一生懸命の次女を見るのが楽しみでした!

お花の研究も中々楽しいのでおすすめです!

四年生になった現在も向日葵を育てています。

▲自由研究の目次にもどる

長女が小学生の時に研究した事をお書きします。

小学校五年生の時に授業でスーパーで買い物をする事になりました。

その時に自分で買い物をしてみて物の配置や店員さんの挨拶の注意点が凄く気になったそうです。

それを夏休みに研究しようと決めたそうです。

学校の授業でスーパーに行ったので、スーパーじゃなくコンビニに自分で行き、実際どんな事をしているのか研究しました。

店員さんに事情を話したら、店員さんしか入れないお部屋に入れてもらったようです。

入りましたら、挨拶の注意点が書いてある看板が飾ってあったそうです。

制服の身だしなみ注意も書いてあったそうです。

それをカメラで撮り、本や食品の配置場所を自分で書いてまとめた物を方眼紙に書いていました。

新聞のようにタイトルを大きく書き、挨拶の注意点の写真と制服の身だしなみの写真を貼り、横に自分の感想を書いていました。

下の方に配置の図書いて、最後に感想を書き、新聞の様に書いていました。

長女が中学生になり、ますます難しい研究をしようと考えていました。

▲自由研究の目次にもどる

中学生の長女が研究した事をお書きします。

長女が中学生になって研究した事はラムネの作り方を研究ていました。

ブドウ糖とクエン酸と重曹が必要な研究です。

ブドウ糖とクエン酸と重曹を計り、袋に入れて混ぜて強く揉むのです。

量の図りはインターネットで調べたみたいですのでイマイチ覚えていませんが。

その混ぜ手強く揉んだのを冷蔵庫に二時間、寝かせると固まります。

それを更に好きな形の型抜きをして出来上がりです。

ラムネ作りだけだとつまらないなあって事でチョコレートも作ろうと思ったのですが、残念な事にやり方すら分からず結局止めました!!

次女が今年四年生になり、研究にますます興味を持ってきています。

現在向日葵も育てていますが、動物の様子や宇宙の事にも興味が持ってきていますので、動物園やこども館博物館に親子で足を運びコミュニケーションを取りながら一緒に研究したいと思います。

▲自由研究の目次にもどる

別のお子さんの工作の例(一年生~四年生)をご紹介します!

一年生の時にはお友達から教わりながらも何も書いていないうちわを買ってきてマスキングテープを利用して飾りをつけたりして、真ん中に私と撮った写真を貼りました。

お姉さんが当時六年生だったので、初めての工作はお姉さんと一緒に楽しみながら作りました。

お友達がマスキングテープを利用して色々作ってるのを教わりながら作ったので楽しめる事が出来ました。

工作って本当に何作ろう、って悩みがちですよねぇ。

初めての工作は本当に楽しかったようです。

▲自由研究の目次にもどる

二年生の時は折り紙

二年生の二回目の工作も本当に悩みました。

本を見て何を作ろうかと悩んだり、インターネットで調べたりと本当に悩んでました。

悩んでばかりいる私です(笑)折り紙を折るのが大好きな娘。

a1180_014784

色んなのをひたすら折り続けました。

チューリップを折ったり、鶴を折ったり、切り絵を作ったり、と様々な折り紙が出来上がりました。

そのひたすら折ったり切り絵にしたのを色画用紙に貼って絵本にしました。

インターネットで調べたふなっしーの折り方も見ながら折りふなっしーが出来ました。

▲自由研究の目次にもどる

三年生ではペットボトルで作成

三年生の夏休み工作ではペットボトルの貯金箱にしました。

簡単そうに見えて難しかったです。

インターネットや本を頼るのは良くないなぁって思いつつも頼ってしまいまして(泣)そして今年は四年目!何を作ろうかと今から悩んでます。

▲自由研究の目次にもどる

そして4年目の今年は・・・

低学年の夏休み工作は親がお手伝いしましたが、今年からは自分一人で作りたいと言ってましたので、、今年は本人におまかせしようかと思います。

次は、長女の6年間の体験談

今までお話してきた工作の体験話は次女の話でした。

今度は長女の六年間の話をしたいと思います。

長女が一年生になり初めての夏休みで何もかもが初体験でした。

工作も初めてで私自身小学生の親になるのも初めてでしたので何を作ろうかと迷っていました。

実家の母に相談したら、折り紙を利用したら?と話しになり、早速折り紙を買ってきました。

折り紙とにらめっこした結果、、
花火大会があったので、それを折り紙を使用してただの絵だとつまらないので折り紙で花火大会の思い出を表すことにしました。

画用紙に私と実家の母と次女(妹)を折り紙で作りそれを貼って折り紙を適当にカットし花火を作りました。

二人で作業したので楽しかったなぁっという思い出があります。

二年生の夏休み工作は、私が小学校二年生の時に作った葉書入れが実家にあったので、それを参考にして葉書入れを作る事にしました。

私が作ったのはウサギの形でしたが、娘はくまの形にしました!!参考にして作ったが思ってたよりも上手く出来たので満足です。

それを今も利用してハガキを入れております。

三年生の時は工作ではなく習字を書きました。

四年生の時の工作はエコのれんを作りました。

エコのれんは、私の兄が小学生の時に賞を取り暫く廊下に飾られてました。

すごく時間がかかりますが、爪楊枝一個一個にくるくる巻にしたチラシをボンドで付け、それを30個糸に通します。

それを100個作るので合計3000個作ります。

取り敢えず、くるくる巻にしたチラシを先に作ります。

私も合間合間を見ては作りました。

休みの日も時間を見ては作り、夏休みの中間には出来上がりました!

それを一個ずつ爪楊枝にボンドを付けてははめ込みの繰り返しをし、後半には30個糸に通したのが100個出来ました!

出来上がったのを次はつっかえ棒に結ぶのです。

兄が小学生の時は竹の棒だった様ですが、どこにでも使えるようにつっかえ棒にしました。

出来上がったのは、夏休み後わずかで終わる時でした。

今までで時間がかかって大変な工作でしたが家族でお手伝いした工作でしたので本当に今ではいい思い出になっています。

皆で頑張ったおかげで賞を取りました!賞って取ったことがなかったので長女はかなり嬉しかったようです。

それを大事に5年経つ今でも飾っております。

5,6年生の高学年になりますと工作よりも社会や理科に興味が出まして

五年生の時にはコンビニやスーパーに行き、店員さんに目標や頑張ってることを聞いてまとめていました。

工作には関係ありませんが社会見学をして自分で質問するだけでも凄く勉強になったと思います。

六年生の工作は、最初に書きましたが、次女が一年生の時にお友達の家で教わりながらやりました。

色画用紙に修学旅行での思い出の写真を自分の好きな形にカットしたり、写真をそのまんま貼ったりします。

貼り終わりましたらマスキングテープを利用して回りを飾ったりします。

マスキングテープをねじってちょうちょうの形にしたり、お花の形にと楽しみながら出来るので本当にオススメです!

それを何枚か作りまして、最後にマスキングテープで端を貼りますと自分だけのアルバムが出来ます。

▲自由研究の目次にもどる

休みも残りわずか・・・工作はどうする?

休みの宿題も終盤の追い込みの時期ですね。

子どもたちはまだまだ楽しんでいることでしょう。

しかし親御さんたちはそうではないかもしれません。

なんていったって、残り僅かな休みのうちに「宿題」を仕上げなければなりません!

宿題は子ども自身が行うものですが、小学校の1年生や2年生などの低学年の場合、終わってなければ親が手伝ってあげなければなりませんよね。

夏休みの宿題の内容については学校によって様々ですが、ほとんどの小学生に共通している宿題があります。

それはずばり「工作」です!

そして夏休みもギリギリまで残してしまい、「工作の宿題」に泣かされた経験のある親御さんたちもいるかもしれませんね。

発想力の豊かな子どもには簡単な宿題でしょうが、なかなか「アイディアが浮かばない」「どうやって作ったらいいのか分からない」そんな人もいると思います。

親御たちも、どんなものを作らせたらいいのか迷ってしまいますよね。

そんな親御さんたちにお知らせするアイデア抜群で簡単にできちゃう工作の方法についてご紹介しちゃいます!

▲自由研究の目次にもどる

牛乳パックでできる簡単な貯金箱

小学1年生や2年生の女の子向けの夏休みの工作、「牛乳パックでできる簡単な貯金箱」の作り方!!

35x1fn6xhmn168

【用意するもの】

・牛乳パック2つ
・わりばし1本
・紙粘土
・わた
・モールやビーズなどの飾り
・カッターナイフ
・工作用のボンド

作りたいものによっては、綿の他にも折り紙や絵の具などを用意してもいいでしょう。

ここでは、女の子に人気の動物「ウサギの貯金箱」を作ります。

▲自由研究の目次にもどる

貯金箱のベース部分の作り方

ここでは、牛乳パックは「横向き」にして使います。

出来上がりのイメージとしては、ウサギが寝転がっている感じですね。

1.牛乳パックの1つは、側面(長いところ)を1面だけカッターナイフで切ります。

この牛乳パックを(A)とします。

カッターナイフを使うのは小学校低学年の子には危ないので、保護者の方が手伝ってあげてください。

2.もう1つの牛乳パックは、側面を1面と底面をカッターナイフで切ります。

この牛乳パックを(B)とします。

3.(A)の底面に、わりばしをくっつけます。

このわりばしが、お金を引き出すときの取っ手になります。

4.(A)に(B)を重ねます。

このとき、(A)につけたわりばしを引っ張ることで、牛乳パックがスライドすることを確認してください。

5.(B)の上部分に、お金を入れる「穴」をカッターナイフで入れましょう。

これで、貯金箱のベースは完成です。

▲自由研究の目次にもどる

貯金箱をデコレーションしていきましょう

牛乳パックで貯金箱のベースが完成したら、いよいよ「好きなデザイン」にデコレーションしていきましょう。

ここでは作るものが「ウサギ」でしたので、紙粘土とわたを使います。

紙粘土をこねたら、牛乳パック全体が隠れるように紙粘土をくっつけていきましょう。

(A)と(B)の牛乳パックを重ねた状態で行うと、全体のバランスが良く仕上がると思います。

紙粘土が少ないと、乾いたときに「ひび割れ」てしまうので、紙粘土はたっぷり使うといいですよ。

牛乳パック全体を紙粘土で覆ったら、ウサギの顔の部分やチャームポイントでもある「耳」も紙粘土で作っていきましょう。

紙粘土をくっつけたら、紙粘土が乾くまで2日~3日ほど待ってくださいね。

紙粘土が乾いたら、ウサギのふわふわ感を出すために全体にわたをつけていきます。

わたをちぎって、ボンドを少しつけて紙粘土につけていってください。

自分の好みのウサギになるように、わたの量は加減してくださいね!

女の子らしく、モールでリボンを作ったり、ビーズやスパンコールで飾りつけをしてもいいと思います。

ウサギの「目」は、ボタンを付けてもいいですし、余った紙粘土を丸くして色を塗ったものでもいいですね。

この辺は、お子さんの好みで良いと思います。

▲自由研究の目次にもどる

注意すること

この牛乳パック貯金箱には、注意する点がいくつかあります。

それは

・紙粘土をつけるときに、重ねた牛乳パックの「つなぎ目の部分」に紙粘土をつけないようにすること

・お金を入れるための「穴」を、紙粘土で塞がないようにすること

の2つです。

牛乳パックのつなぎ目をくっつけてしまうと、牛乳パックがスライドできずにお金が取り出せなくなってしまいます。

お金を入れるための穴がなくなっては、貯金箱としての役目を果たせませんね。

牛乳パックでベースの部分を作ったら、あとは「作りたいもの」の形にしていくだけという、とても簡単な貯金箱です。

危険なものはカッターナイフだけですし、「白い動物」にすれば絵の具なども使わずにすみます。

わたは付けなくてもいいのですが、わたを付けることで「ウサギのふわふわ感」を出せたり、「紙粘土のひび割れ」をカモフラージュすることもできるので、低学年の子には「わたを付ける」ことをおすすめします!

ただ、あまりにもわたを付けすぎると、ウサギではなくアルパカのようになってしまうので気を付けてくださいね。

▲自由研究の目次にもどる

まとめ

まとまりなくってスミマセン。

実例をいくつか上げてみました。

模造紙へのまとめ方次第で、自由研究が更にいいものになるかどうかが決まります。

学校から特に指定がないのなら、大型スーパーの文具コーナーや文房具店などにはたくさんの模造紙が並んでいます。

研究の内容に合わせた色の模造紙を選ぶのもいいですね!

また、工作は子供だけで作るのではなくお手伝いしながら親子で楽しむ事がスキンシップもとれるのでいいと思います。

とても簡単な例なので、ぜひ夏休みの工作に取り入れてみてください!

小学校低学年から高学年まで幅広く作りやすいアイディア、使いやすい材料ばかりなのでぜひ参考にしてみてください!

せっかく行った自由研究ですから、「まとめ方」にまでこだわって、「魅せる自由研究」にしたいものですね。

せっかくの研究が「なんだか残念だね…」とならないよう、ポイントを押さえてすっきりきれいにまとめましょう!

▲自由研究の目次にもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
一眼レフ用語