結婚式

結婚式のサブバックは何を使う?色やマナーについて紙袋はNG?

更新日:



結婚式に参加する時に女性にとって欠かせないのが、サブバックですよね。

小さなクラッチバックには入らない!となったら、サブバックにいれて会場の建物に入ります。

 

あまり気を使っている人がいないかもしれませんが、サブバックにだってマナーはあります。

そこで、結婚式のサブバックのマナーにフォーカスしてみましょう。

 

サブバックはクロークに預けるのがマナー

これは知っている人が多いと思いますが、結婚式ではサブバックを会場まで持っていっても、サブバックさら式場には入れません。

サブバックは、クラークに預けるようになっています。

 

その時に貴重品は預けれないので、クラッチバックの中にしまいます。

クラークは式場の入り口辺りにある場合が多いのですが、分からなければ式場のスタッフさんに聞きましょう。

 

一般的にはクラークに預けますが、小さなお子さんと式に出席する場合は、なにかと荷物が必要だと思います。

そういった場合は、クラークに無理に預けなくても式場に持っていって大丈夫です。

 

サブバックでショップの紙袋を使う?

結婚式のサブバックとしてアパレルショップの紙袋や布袋を利用する人もいますが、あれは実はNGです。

例え高級ブランドショップの紙袋でもダメです。

 

なぜなら、ショップの紙袋や布袋は本来ならば、買った商品をいれるものです。

結婚式でサブバックとして利用するのは用途が違うのでダメです。

 

ショップ袋ではなく、なにも書いてないような紙袋でもダメです。

紙袋やビニール袋はカジュアル過ぎるので、フォーマルな結婚式では相応しくありません。

 

どんな素材で、どんな色のサブバックにすれば良いのかは次の章で紹介しましょう。

スポンサードリンク


 

サブバックは色は黒かベージュで。素材にも気をつける。

サブバックはどうせ預けてしまうんだから、どんな色で、どんな素材でもいいんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

 

紙袋でもビニール袋でもダメならばどんな素材にすればいいの?となりますよね。

基本的には、安っぽい生地でなければなんでもいいです。

 

サテン生地やベロア生地などの高級っぽい生地であれば問題ありません。

サブバックはトートバックのようにシンプルな形が多いので、生地で結婚式らしい高級感を出すといいですね。

 

また、いくら高級感があってもド派手な色や柄は結婚式に相応しくありません。

黒やベージュなどの落ち着いた色にすると良いでしょう。

 

特に黒は純白なウェディングドレスとかぶらず、ドレスとも合わせやすくておすすめです。

大きさはA4サイズなど、大きすぎないものがあるとドレスとバランスが良いです。

 

大きめだと、なにをそんなに持ってきてるんだ?という印象を受けてスマートではありません。

 

色々あるサブバックの種類

サブバックは本当にシンプルで、四角い形のカバンもあります。

そういったシンプルサブバックでももちろんオッケーですが、なかにはリボンがついているサブバックであったり、口の部分にビジューがついているサブバックもあります。

 

さらにシフォンプリーツといって美しいシフォン生地がプリーツスカートのようにヒダになっている生地があります。

 

シンプルサブバックならば間違いなくマナー違反になりませんが、こういったおしゃれサブバックで他の女性とさらに差をつけるのもいいですよね。

 

結婚式のドレスがより華やかになります。

値段は1000円ぐらいからあるので、まだ持っていなければ一個は持っていたいですよね。

 

また、しまむらグループでもリーズナブルに高級感があるサブバックが売っているそうなので、近くに店舗があれば行ってみるのもいいですよね。

 

手作りするのもあり!キットやリメイクも。

もし手芸が趣味で、結婚式のサブバックを作ってみたいというならば、手作りで自分好みのサブバックを作るのもいいのではないでしょうか?

自分だけのオリジナルサブバックならば、持っていて嬉しいですよね。

 

サブバックは、サテン生地などの布を買ってきたら二枚に切り、それをミシンで縫い合わせて作ります。

そして取手をつけるだけで完成です。

 

そこにビジューを縫い付けたり、自分の名前をイニシャルで刺繍するのもいいと思います。

 

マチが欲しいとか内ポケットが欲しいとなると手芸が得意じゃないとなかなか難しいと思いますが、手芸キットを買ってきて作ったりなどならば、全て自分で作るよりも簡単です。

 

さらに100均などでシンプルなトートバックがあれば、それを買ってきてビジューやリボンをつけるというリメイクもあります。

 

リメイクならば手芸初心者でも取り組みやすいので、自分だけのサブバックを作ってみてはどうでしょうか?

スポンサードリンク


 

まとめ

今までの事をまとめると、こんな感じです。

 

サブバックは黒かベージュで生地は高級っぽいものを選ぶ。

サブバックはクラークに預ける。

手作りするならば、リメイクもあり。

 

サブバックがないからといって、紙袋やビニール袋で代用するのはやめておきましょう。

 

結婚式の今ドキ情報!

 

-結婚式

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。