婚約指輪

婚約指輪はいつつける?結婚後の使い道など

更新日:



スポンサードリンク

結婚が決まり、相手からプロポーズを受けた際に頂く婚約指輪。

初めて愛する人から頂いた婚約指輪は自分自身にとってとても嬉しいものですね。

 

8b190f5dcbb5ea182a924160d79cf59f_s

 

婚約指輪は高価な物なので日常生活の中でいつもつけるという方は少ないようです。

せっかく贈って頂いた婚約指輪ですからつけれる時にはつけたいものですが…

 

婚約指輪は結婚後はいつつけるものなのでしょうか?

婚約指輪は相手と結婚の約束をし、受け取ったその日から身につけていいようです。

こういう時にはつけたらいけないという決まりは特にないようですね。

 

実際に結婚指輪を頂いてからもつけてはいけないという決まりもなく、一生身につけていても良い物だとされています。

 

私自身は婚約指輪は結納を行った際に頂き、その日からつけていました。

 

婚約した証として頂いた物なので、周囲に報告する意味も込めて結婚式を挙げる前日までつけていたと思います。

 

挙式の際に結婚指輪を頂いたので式の後からはそちらをつけているため婚約指輪はしまっていますが、時々身につけることもあります。

 

特に冠婚葬祭などの際につける事が多いです。

例えば家族、親戚、知り合いの結婚式。

永遠の愛を誓い合う神聖な場所で婚約指輪をつける事で幸せのお裾分けを頂くという意味を持っているようです。

 

実際に結婚式で婚約指輪をつけていると新郎新婦だけでなく、周りの人にも大変喜ばれます。

綺麗で華やかな雰囲気を持つ婚約指輪だからこそ良い印象を与える事でしょう。

スポンサードリンク


 

入学式や卒業式などでもつける事があります。

子供の祝い事の場で晴れ舞台を一緒に祝うという大切な思いを込めて着用しているようですね。

 

あとはお祝い事などではないのですが、何処か特別な場所に出掛ける時にお洒落なアクセサリーとして身につけるのも良いとされています。

 

結婚相手との特別な記念日などにつけるのもありでしょうね。

 

記念日に久しぶりに婚約指輪をつければ相手との愛を再確認する事ができるかもしれません。

 

私は休みの日に実家に行く時や友人と会ったりする時につけたりしています。

 

自分のスタイルに何か今1つ足りないという時にアクセントとして着用すれば、周囲に良い印象を与える事は間違いないでしょう。

 

まとめ

結婚指輪を受け取り、結婚後はほとんど身につける事がなくなってしまいましたが、高価な物だからこそつける事ができる時には着用していきたいものですね。

 

奥にしまいこんだままずっとつける事のないという残念な事にならないようにしていきたいですね。

スポンサードリンク


 

婚約指輪の今ドキ記事

結婚式の今ドキ記事

 

-婚約指輪

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。