結婚式

結婚式のご祝儀の金額はいくら包む?書き方や渡し方について

投稿日:



結婚式に招待されたら、ご祝儀を持っていくのが当たり前ですよね。

 

「金額はいくら包めばいいの?」「ご祝儀袋はなにを用意する?」「ご祝儀袋の書き方は?」「ご祝儀袋の渡し方は?」と順番に見ていきましょう。

 

ご祝儀の金額は友人3万円、家族は5万円で

お祝儀は新郎新婦にとって、高い結婚式場の料金を払う大切なお金です。

 

一般的には、友人の結婚式に参加ならば3万円、新郎新婦の家族ならば5万円を包む人が多いようです。

 

従兄弟や親戚などの結婚式の場合は、だいたい3万円~です。

 

80bc4d848ccfe253d60170d8c330851a_s

 

あなたが20代で若いならば3万円でもいいと思いますし、40代などある程度の歳ならば5万円などでもいいと思います。

 

親族の結婚式で、いったいいくら包めばいいの?と悩んだら、同じように招待されているであろうあなたの家族や兄弟と金額を合わせるなど相談すると、誰がいくらだったなど陰口を言われなくて済みそうです。

 

そして、包む金額は3万円や5万円など奇数で割れない数字にするのが結婚式ではマナーです。

お金は必ず新札で包みます。

 

ご祝儀の中袋にお札をいれる時は、お札の肖像画(福沢諭吉など人物)が書いてある面を表とし、上向きになるように入れます。

 

ご祝儀袋は金額を決めてから買う

ご祝儀は、ご祝儀袋という結婚式のための特別な封筒を購入します。

ご祝儀袋は結び切りを選びます。

 

蝶々結びのものだと、ほどけてしまう事から離婚をイメージしてしまうので、結び切りでなかなかほどけない仲を表すお祝儀袋を使うのです。

 

そして、この結び切りは「のしあわび」を簡略化したものです。

のしあわびは、あわびのように丸くのしが円を描いているものです。

 

昔は、お祝い事には海産物を贈っていたという理由から「あわび」と言います。

のしあわびは正式な形なので、5万円以上包む場合に利用します。

 

3万円ぐらいならば、結び切りのお祝儀袋を利用しましょう。

そして、のしあわびに花を添えたり、ご祝儀袋がカラフルだったりとデザインが個性的なものでも3万円を包むのに適しています。

 

しかしおしゃれデザインはカジュアル感を感じるので、友人の結婚式に利用します。

上司の結婚式など、礼儀を大事にしたいならば、一般的な結び切りにします。

 

スポンサードリンク


 

ご祝儀になにを書くか

ご祝儀袋を決めたら、それに筆や筆ペンで名前などを記入します。

ご祝儀袋の表の上は、「寿」か「御結婚御祝」です。

 

文字を1文字や5文字とするようにします。

これもお祝儀の金額と同じく、奇数で割り切れないようにするためです。

 

「御結婚御祝」は、「御結婚」を右づめで小さく書いて、「御祝」を大きく書きます。

そして、結び切りの下には自分の名前をフルネームで書きます。

 

夫婦で連名の場合は、旦那さんの名前をフルネームで書き、奥さんの名前は左に書きます。

(苗字はなし。)また、真ん中の上に苗字で、下の右側に旦那さん名、左に奥様名でも良しです。

 

最後に忘れてはいけないのが、ご祝儀袋の中袋に名前や金額、住所を書く事です。

中袋の表面には、ご祝儀の金額を漢数字で書きます。

 

3万円ならば「金参萬円」、5万円ならば「五萬円(伍萬円)」と書きます。

10万円は「拾萬円」です。

 

難しい漢数字で書くのは、三などの簡単な数字だと後で付け足して書く事ができてしまうからです。

表に金額を書いたら、裏はあなたの住所と名前を書きます。

 

新郎新婦は結婚式の当日、たくさんのご祝儀をもらい、一気に開封して式場に料金を払います。

 

そのため、中袋に金額や名前が書いてないと、誰がいくらくれたのか分からなくなってしまいます。

 

そのため、中袋にきちんと金額や名前を書くのは大事なんです。

お金をいれたら、ご祝儀袋の裏は上向きに閉じます。

 

(下の折り目を上に重ねるように閉じる。)これは、幸せを受けるという意味からです。

下向きにすると、悲しみを流すという意味からお葬式のマナーになってしまうので注意してください。

 

ご祝儀袋の渡し方はどうすればいい?

ご祝儀袋の準備ができたら、それをふかさにしまいます。

ふくさがなければハンカチなどに包んで、会場に持っていきます。

 

会場についたら、受け付けでふくさからご祝儀袋を出して、受け付けの人に渡します。

この時、「本日はおめでとうございます。」と先に言ってからカバンからふくさを出します。

 

それからご祝儀袋を出し、ふくさの上に乗せます。

そして、受け付けの人に表書きが分かるように見せてながら両手で渡します。

 

ふくさはお葬式の時にも利用しますが、結婚式とお葬式ではふくさの色が違います。

しかし紫やグリーンで柄なしのシンプルなものならば兼用が可能なので、1枚は持っていると便利です。

 

ちなみに、ふくさに入れるご祝儀袋は、結婚式ならば右開き、お葬式ならば左開きです。

細かいところですが、知っておくとマナー上手な大人ですよ。

 

結婚式は、ご祝儀袋一つとってもマナーや決まりがありますよね。

結び切りを利用する理由、中袋に名前や金額を書く理由などを知っておくと、覚えやすいです。

 

スポンサードリンク


結婚式の今ドキ情報!

 

-結婚式

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。