自動車

スバルレヴォーグSTISportの発売日は?試乗した感想や燃費について

投稿日:



スポンサードリンク

スバル レヴォーグ STI Sport の発売日は?試乗した感想や燃費について

快適なドライブをしたいのならやはり、車でしょう。

そこでまず、スバル レヴォーグ STI が4月に発表されたんですよ。

 

3ad5g46ad54a1d出典:http://car-moby.jp/

MTタイプの注目度は?

さて、話は変わるんですが、最近、MTタイプの車見かけませんよね。

大抵がオートマチック車ばかりです。

というのも、オートマチックの方が運転しやすいからです。

ただ、昔はMTタイプばかりだったんです。

現在、オートマチック車が主流でもオートマチック車が出たばかりの頃はMTタイプの方がいいという人も沢山いました。

今でもMTタイプの方がいいからわざわざ、オートマチック車をMTタイプにする人はいます。

でも、オートマチック車をMTタイプにするのはお金がかかります。

 

スバル レヴォーグ STI Sport MTタイプ

さて今、スバル レヴォーグ STI MTが注目されています!

それはやはり、グレードアップにつながっているからでしょう。

 

昔はMTばかりだったのに今じゃ、どの車を見てもオートマチックです。

実際、ギアチェンジとかを考えたらの方が断然いいからです。

 

なんたって、運転しやすいからです。

逆に言えばMT利用者ということは運転技術があるというわけです。

 

しかも、自分のドライバーテクを実感したいのならMT車が一番です。

特にコーナリングとか、ギアの切り替えの際に感じる衝撃はオートマチックには体感できません。

 

コーナリングを曲がる際、車との一体感を感じさせます。

スバル レヴォーグ STI Sport 発売日っていつになるのでしょう。

 

車好きな人にはここがかなり気になります。

スポンサードリンク





 

スバル レヴォーグ STI Sport の発売日

といっても、2016年7月21日発売です!

いよいよ今月発売となりましたね。

 

なんといってもモータースポーツ愛好者なら見逃せないはずです。

おまけに安全性と乗り心地重視のボディに注目が集まりそうです。

 

実際、快適なドライビングのために整えられた装備はすでにネット上で公開されています。

 

さて、スバル レヴォーグ STI Sportの話に戻りましょう。

 

記者発表会の話題で・・・

6月30日、東京都渋谷区にある代官山T-SITEで俳優の高橋克典さん達を迎えて記者発表会とトークショーがありました。

ラリー・ドライバーの新井敏弘氏は、試乗の際、「50m走っただけで全然違うと分かった」と語った話も出てきたそうです。

 

実際見ているだけでも注目度が高いと感じられます。

 

確かに運転してみないとその車の良さは判りません。

さらに、レヴォーグが評価されている点の1つに安全性能です。

 

でも、安全性を考えてみたらどうしても、オートマチックの方が有利なんです。

理由はすでに記述しています。

 

つまり、ギアチェンジがしやすいからです。

MTが注目されているのはスティタスです。

 

スバル レヴォーグ STI カタログ

さて、発売となれば気になるのがスバル レヴォーグ STI カタログです。

カタログを見て欲しくなった人もいるでしょう。

 

というかカタログを使った宣伝もしているからです。

例えば、新車の発表会となるといろんな車種のカタログを沢山、配っているからです。

 

モータースポーツ愛好家はカタログを見て夢を膨らませるわけです。

実際のところ、カタログはスバル レヴォーグ STIの外観、内装がこれでもかと掲載されています。

 

車体のなめらかなデザインに高級感の漂う内装。

十分、目の保養になります。

 

それに誰もが車の構造に詳しいわけではありません。

そんな時にカタログが役にたつ時もあります。

 

スバル レヴォーグ STI 試乗について

さて、スバル レヴォーグ STI 試乗はどうなっているんでしょう。

当然、試乗を体験した人はいます。

 

先にも述べましたが、ラリー・ドライバーの新井敏弘氏です。

しかも、プロの言葉ですから。

 

信頼できます。

 

そのプロがたった50メートル走っただけで違いが判ると言ったんです。

これは絶賛されているといっても過言はないでしょう。

 

スバル レヴォーグ STIの燃費

そして、燃費の点でもスバル レヴォーグ STIを注目しましょう。

ただ、どんなにいい車でも燃費がよくないと困ります。

 

というのも、燃費が気になって走ることができなくなってしまいます。

ちなみに燃費についてはカタログにも掲載されています。

 

にしても、無茶な走りをしない限り、燃費が悪くなる結果にはならないでしょう。

何故なら、燃費の高い車には誰も乗りたくないですから。

 

さて、走っているのを忘れさせるようなドライブがしてほしいです。

ちなみにスバル レヴォーグ STIの宣伝文句をいろいろ見てみました。

 

確かな大人に極上の走り、なかなか素敵な言葉です。

実際に乗ってみて極上の走りを体感している人もいます。

 

さらに車のポテンシャルをあげたい、さらなる車の進化が見たいという開発者の並々ならぬ技術が詰まっています。

さすがに自分では運転できないけど、誰かの横でこの車の走りを体感したいです。

 

それが出来なくても一度でいいからその走っているところを見てみたいです。

 

スポンサードリンク





 

-自動車

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。