芸能

男はつらいよの渥美清さんの息子や奥様(妻)について

更新日:



「男はつらいよ」に出演し、若い人でも知らない人はいないぐらい有名な俳優さん、渥美清さんは1996年に亡くなりました。

 

なぜ亡くなってしまったのかや、普段は分からない家族情報についてまとめました。

 

死因は肺がんだった

渥美清さんの死因は肺がんです。

がんでなくなる人は多くいますが、渥美清さんもがんという病魔と戦っていたようです。

 

始まりは肝臓がんでした。

1991年に見つかり、1994年には肺に転移していたそうです。

 

そして1996年に亡くなり、5年間の闘病生活は終わりました。

渥美さんは、手術もしました。

 

しかしその手術が終わって4日後に亡くなってしまったそうです。

渥美さんは、病気で痩せていく姿や死ぬ瞬間を家族にしか見せたくなかったそうです。

 

そのため、俳優仲間などは死んで葬式まで済んでから渥美さんが亡くなったのを知りました。

 

奥様はクリスチャン

プライベートが謎に包まれている渥美さんは、家族の情報が少ないです。

しかし、渥美さんは結婚しています。

 

そして奥さんはクリスチャンだという情報がありました。

しかも信仰深い信者だそうです。

 

渥美さんも病気に犯されている時にキリスト教に入信したそうです。

その他に奥様に関しての情報がないので、一般人だというのが分かります。

 

スポンサードリンク



 

息子さんは有名人

渥美さんに子供が何人いるかは分かりませんが、息子さんがいるという情報がありました。

名前は田所健太郎さんです。

 

渥美さんの本名が田所康雄という名前なので、健太郎さんは本名で活動しています。

1971年生まれで、大学卒業後はニッポン放送に入社しています。

 

年は1994年です。

ちょうど渥美さんのがんが肺に転移にしている年です。

 

それでも渥美さんは息子の入社式に親として参加しています。

(当時は父兄参加の入社式だったため。)
そして1999年に営業になるように辞令がでますが、それに反対して退社しています。

そして、現在はフリーのラジオディレクターとして働いています。

 

渥美さんの若い頃

渥美さんは若い時に苦労している方です。

渥美さんは船乗りになろうとしましたが、お母様に反対されてしまい、知り合いのツテで旅回りの演劇一座になります。

 

それからストリップ劇場、フランス座と活躍の場を広めていきます。

そんな中、渥美さんは肺結核を患って右肺を亡くします。

 

それからテレビにデビューしたという経歴の持ち主なのです。

今なおファンが耐えない渥美さんは、苦労していたからこそ輝いていたというのが分かります。

 

スポンサードリンク



 
 

-芸能

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。