天皇陛下

皇太子の名前や兄弟、家族、車種の情報について|生前退位で年号予想!

投稿日:



スポンサードリンク

天皇陛下生前退位をするという発表をし、次期天皇となられる皇太子様へ注目してみましょう。

 

お父様である明仁天皇と同じく、笑顔が素敵な方で、次の時代も皇室は安泰そうですよね。

 

皇太子様のお名前は?年齢や兄弟、ご家族は?

皇太子様のお名前は、徳仁(なるひと)様と言います。

現在は56歳です。

 

お父様は現在の天皇陛下であり、お母様は皇后様です。

そして長男であり、弟が秋篠宮様で、妹が一般人と結婚された黒田清子さんです。

 

清子様は、理想の男性像として兄である徳仁内新王の名前を出したというところから、兄弟仲は良かったのではないかと思われます。

 

皇太子様は、雅子妃との間に一人娘として愛子様がいらっしゃいます。

 

愛子様はお父様そっくりで、生まれた時からずっと注目されていましたよね。

 

皇太子様は次期天皇というだけあり、様々なご公務などでメディアに出ておられます。

 

今後、天皇の生前退位によってますます注目されてメディアに出てくるかもしれませんね。

 
 

スポンサードリンク


 

年号はどうなる?大胆予想はこちら!

天皇が交代するという事は、年号が変わりますよね。

明治、大正、昭和、平成ときたら、次はどんな年号になるのでしょうか?すでにインターネットでは、次の年号の予想で盛り上がっています。

 

年号は、2文字で俗用になっていないなどの決まりがあります。

そして、読みやすくて書きやすいというのも決まり事なんです。

 

過去の年号は中国の書物から考えているらしく、今回も書物から考えられるのではないかと思います。

中国の書物からかどうかは分かりませんが、インターネットでは次の年号として「安久」(あんきゅう)という意見があります。

 

または、「安治」(あんじ)とも言われています。

どうやら、「安」が使われそうみたいですね。

 

「安」は、安らかとか危険ではないという意味の漢字です。

安産、安心、安全など言い言葉が多いので、年号で使われても問題ありません。

 

「久」は時間が長いとか、昔からの、変わらないという意味です。

「治」は治めるとか、治療するという意味です。

 

私は安治の方が意味が良いので、安治がいいなぁと勝手に考えています(笑)
ちなみになんですが、皇太子様の称号は「浩宮ひろのみや」ですし、皇太子様は国際連合の水と衛生に関する諮問委員会の名誉総裁です。

 

安治が年号になれば、「治」と浩宮の「浩」がさんずいになって関連付けれます。

また、国際連合の水と衛生で「治」が関連付けれます。

 

さらに皇太子様は日本赤十字社名誉副総裁という事で、治療という分野という意味で「安治」がまたしても関連づけれます。

 

皇太子様の役職や称号も考えると、安治がいいかなと思います。

 

皇太子様の発言から分かる性格・人格

ところで、皇太子様はどんな性格の持ち主なのか?人間なんだから、性格だってありますよね。

そこで、皇太子様の今までの発言からどんな人物なのか予想していきましょう。

 

私が思うに、皇太子様は意思がある方だと思います。

そして、皇室というものをもっと国民に近くしたいのではないかと考えられます。

 

そう思う理由は、皇太子様は記者会見の場で様々なご自身の考え方をお話してくれているからです。

 

「これからはある程度の外国語を話せた方がいい」とおっしゃっていたり、皇室規範問題(いわゆるお世継ぎ問題)に関しては「親として色々と考えることもある」と発言されています。

 

また、将来の天皇として公務をどう考えているのかという事については、今までの在り方を踏まえつつも、変化する日本社会に合わせていかなければいけないというような事もおっしゃっています。

 

天皇は日本国民の象徴という立場を踏まえつつ、これから伝統ある皇室も変化していくべきだという推進派なんだと思われます。

 

また、雅子様とご結婚される時も、「皇室に入るという事で不安だと思いますが、私が雅子さんを守りますから」とおっしゃっていました。

 

そして、雅子様の外交官としてのキャリアや人格を否定する動きがあったという発言(人格否定発言)をされて雅子様をかばったりなど結婚時の約束を守られているようです。

 

また、人格否定発言によって宮内庁との亀裂が露になったりなど、皇室の内部を伝えてくれるのも皇太子様でした。

 

こういった皇太子様の発言から、皇太子様が天皇陛下となったら皇室に対する国民の意識が変わるかもしれません。

 

そして、より国民に親しい皇室となるのかもしれませんね。

 

コラム 天皇陛下のお車はなに?

最後に、天皇陛下のお車についてです。

天皇陛下のプライベート用お車は、ホンダインテグラだそうです。

 

高齢者講習も受けており、運転をされています。

長年の利用をされており、助手席に皇后様を載せて走るというから、なんとも仲が良いお二人ですよね。

 

ちなみに、公務などで利用される御料車はトヨタのセンチュリーロイヤルで、国賓などを載せて走る特別車は防弾にもなっており、1億円ぐらいはするそうです。

 
 

スポンサードリンク


 

-天皇陛下

Copyright© なるほど!そうだったの , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。